食欲不振の原因|日常生活の中でできる対処法

食欲不振: 文字どおり「食欲」が無い状態をいいます。食欲には「何か食べたい」という精神的なものとその前提となる空腹感の存在が必要です。しかし、ときには空腹なのに食欲がわかない場合もあり、食欲を調節している要因は精神的なものも含めてかなり複雑です。また、最近は拒食症や過食症など摂食障害も注目されています。

食欲不振

食欲不振の原因

多くの疾患は食欲不振をきたしますが、先ずは消化管系の疾患の胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌、食道炎、大腸炎、大腸癌、肝炎、肝硬変、肝癌などが原因となります。また、薬剤の服用による胃腸障害、肺炎等の感染症や発熱時、慢性腎炎、甲状腺機能異常、下垂体・副腎系機能障害、貧血など広範にわたります。さらに、神経症やうつ病のような精神障害においても食欲不振はみられます。健常人でもちょっとした精神的なストレスによっても食欲不振をきたすことはよく経験するところです。

食欲の表現型である摂食行動は、大脳の視床下部の摂食中枢と満腹中枢により調節され、動物実験では前者を刺激すれば摂食行動が始まり、後者を刺激すると摂食行動が停止することが確認されています。視床下部は生体の恒常性を維持していくセンターで、食欲には視覚、嗅覚、味覚や過去のおいしい物を食べた記憶など神経系が大きく関与し、また、体温や、血中の遊離脂肪酸、血糖など代謝性物質の影響、胃や消化管からの情報も加わるなど、複雑な調節系が存在しています。最近になって摂食にかかわる調節因子が新たに発見されており、その一つがレプチンです。レプチンは脂肪細胞から分泌され、主に視床下部に作用して強力な摂食抑制作用を示し、エネルギー代謝を亢進させることが知られています(一時は夢の肥満の治療薬として期待されていました)。もう一つがグレリンです。レプチンもグレリンもペプチドで、グレリンは視床下部でも産生されて強力な摂食促進作用を持つことが報告されています。

日常生活の中でできる対処法

健康管理の一つとして常に体重をチェックし、急激な体重減少やそれが続く場合には、検査を受けることが大切です。食欲不振の原因が器質的疾患によるものであれば、勿論、原因疾患の治療を行うことになります。特に器質的な疾患が無い場合には、夜更かしをしない、疲れをとるなど、生活リズムを整えます。特に夜食や食べ過ぎなど控えて食生活のリズムをただし、朝起きると空腹が感じられるような生活習慣に戻すことが大事です。この他、運動やリラクゼーションやアロマテラピーも有効と思われます。
ところで、よくお腹がへってグーグーと鳴るのは、胃の空腹期収縮と呼ばれるものです。胃で消化された食物のカスや粘液を掃除する運動であり、消化が終了して文字通り空腹になると発生し、この胃の収縮運動は小腸に伝わっていきます。お腹が鳴ることは食欲のバロメータともいえます。

漢方医学では

最近、神経性食欲不振症がよく取り上げられるようになってきました。ここ20年ほど前から10~20代の女性に好発し、拒食や過食などの食行動の異常がもとで極端な痩せになることが特長です。根底には「痩せ願望」があるといわれますが、原因として神経伝達物質の異常など様々な要因が関与しているとされています。進行すると無月経や骨量の減少をきたし、精神的なケアを含めた入院治療が必要となります。
ところで、中国医学では食欲不振は「厭食」と呼ばれます。怒りや緊張、抑鬱気分などで肝の疏泄が悪くなって食欲不振を招いている場合には加味逍遥散、香蘇散などが用いられます。湿熱が脾胃を侵したため食欲不振が生じた場合には半夏瀉心湯が、また、脾胃の虚弱による食欲不振には、六君子湯、補中益気湯、人参湯等の漢方薬が用いられます。漢方による湯液治療だけでなく針灸や按摩治療もよく効くとされています。手軽に、自分でツボ(足三里:足の膝の外側、指3本下のあたり)の按摩刺激も試してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする