口臭の悩み|原因と改善

口臭

口臭

口臭が気になる

「口が臭い」=口臭というのはとても気になりますね。

恋人同士は口臭というのはもっと気になるのではないでしょうか。
朝起きた時というのは確かに口臭がします。

ですがこれは誰にでも起こる生理的口臭です。

夜はどうしても口が乾いてしまい唾液の分泌量が減ってしまいます。
そうなると口の中で細菌が繁殖してしまい口臭の原因となり「口が臭い」ということになるのです。

みんながそうなるのでそこまで気にする必要はないのではないかと思います。
それに朝急いで起きて歯磨きを何回もするよりも夜寝る前の歯磨きを念入りにしっかりしておいたほうが良いでしょう。

それか軽く何か食べてみるのも唾液の分泌量が多くなり良いかもしれません。
また夜寝ているときに上を向いて口をポカーンと開けたままだと口が乾燥し唾液の分泌量が減ってしまいますので横を向いて寝るなどの工夫をしてみるのも良いと思います。

生理的口臭というのはほとんどが原因を取り除けば改善できるので深く悩む必要はないと思います。

口臭の悩み

口臭で悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか。

外因的口臭ならば気にする必要はないと思います。

この外因的口臭というのは時間がたてば消えていきます。

また「ブレスケア」などといった口臭をケアしてくれるガムやカプセルなどでも口臭が軽減されます。
生理的口臭(起床時や空腹時の口臭や口の中の汚れによる口臭)も毎日のケア次第で口臭も軽減します。
一番悩む口臭というのは病的口臭です。
病的口臭というのは口腔内に起こる病気や全身に起こる病気によっておこる口臭のことをいいますが、これはすぐに口臭を無くすというのは難しいです。

ですから本当に口臭で悩んでいる人というのはどこか体の調子が悪い人かもしれません。
まず、口腔内に起こる病気によって発生する口臭ですが、これは虫歯や歯周病になったからといってすぐに口臭が発生してくるわけではありません。

虫歯や歯周病が進行しすぎた場合に口臭が発生してきます。
早期発見・早期治療を行えば口臭は十分防ぐことができます。

全身に起こる病気によって発生する口臭で発熱などの場合には水分を多くとればある程度の口臭は改善されますが、そういった病気意外の場合には医師に相談のもと検査を受けることをおすすめします。

口臭について

口臭と聞いて思い浮かべるイメージは「くさい」とか「嫌な臭い」などではないでしょうか。
人間が口臭を気にしだしたのは古代ローマ時代からだといわれています。

また厚生省の調べでは平成11年の時点で口臭があると悩んでいる人は15%いたそうです。
口臭というのは呼吸するときや人と話すときに出てくる息が相手に不快に感じられることをいいます。

では口臭の原因となる物質は何なのでしょうか?
代表的なものを挙げると、まずは硫化水素。

卵の腐った臭いです。
次に挙げられるのはメチルメルカプタン。

これは血生臭いような魚臭いような臭いがします。
最後は硫化ジメチル。

これはごみのような臭いがします。
口臭の正体は硫化水素などたくさんの物質があり、それらが混ざり合って口臭を作っています。

最近は口臭を測定することのできる測定器も販売されていますが、測定できる物質というのは硫化水素、メチルメルカプタン、硫化ジメチルの3つだけです。

口臭の測定方法は、口臭測定器以外では歯科医師や歯科衛生士が臭いを嗅ぐ方法ぐらいです。

口臭測定器にも種類があり、オーラルクロマ、ブレストロン、ハリメーターなどがあります。

口臭の原因

口臭が気になる

口臭が気になっている人は少なくないのではないでしょうか。

やはり人と話す時には口臭は気になりますよね。
あなたはどういった時に口臭というのは気になりますか?

まずは朝起きた時に口臭が気になりませんか?

これはたいていの人がそうだと思います。

どうしても寝ている間に唾液の分泌量が減ってしまい、口の中にいる細菌が繁殖してしまう為に口臭がしてしまいます。

朝食を食べて唾液が分泌されれば自然となくなります。
またお腹がすいた時も口臭が気になりませんか?

これも同じです。

食事をとることで唾液の分泌量が増えるのですが食事をとっていないと唾液の分泌量も減ってくるので口臭がしてきます。
他には風邪を引いたときや熱が出たときなども口臭が気になりませんか?

実はこれも唾液の分泌量に関係しているのです。

熱が出ると熱のせいで体の水分がどんどん出ていきますが、唾液の分泌量も減ってしまいます。

口の中の温度というのは細菌が繁殖するのにとてもしやすい温度なのでいつも細菌を流してくれていた唾液がなくなると細菌が繁殖してしまい口臭がしてしまうということになります。

ですから熱が出たときなどはいつもより多めの水分補給をすることをおススメします。

また風邪が治ったり熱が下がれば口臭も無くなっていくでしょう。

口臭の原因とは

口臭は大変気になるものです。

誰もが人と話すので一番気をつけたいところであると思います。

口臭が発生しているとわかっても原因がわからなければ改善するにもどうしたら良いかわかりませんよね。

口臭が発生する原因にもいくつかあります。
まず本当に口臭がする場合で、朝起きた時やお腹がすいている時、緊張している時などに口臭がする生理的口臭というのと、舌苔、プラーク、膿などによって起こる口臭と、蓄膿症や慢性扁桃炎、糖尿病、癌などで起こる口臭の病的口臭、あとは本人は口臭があると気にしているのですが実際は口臭がしないという仮性口臭症というもののがあります。
また少し異例ですが、生理的口臭、病的口臭、仮性口臭症の治療では改善できない口臭というのは口臭恐怖症と言っています。

これは心療内科や精神科などの治療が必要とされています。
口臭が発生する原因をあげましたが自分はどの原因にあてはまるのかわかるでしょうか。

よっぽど詳しい人でないと判断できないと思います。

本当に口臭で悩んでいる人はまずは歯医者さんへ行ってみましょう。

原因がわかるだけでも安心すると思います。
まずは歯みがきなど自分でできることはしてみて、それでも改善されないようなら歯医者へ行ってみるというのも良いと思います。

口臭改善

口臭改善するには

口臭に悩んでいる人は少なくないと思います。

口臭というのは意外に自分では気付かないもの。

たとえまわりが思っていてもまわりも言いづらいですよね。
口臭が気になるなと感じたら、まずはいつから口臭がするのか考えてみるのです。

原因がわからないことには改善はできません。

いつから口臭がするのか思い出したら口臭がする前としだした後では何か変わったことはないでしょうか。
口臭の原因の1つとしてあげられるのは精神的なこと。

ストレスや疲労、睡眠不足などでも口臭はしてきます。

口臭がしだしたときから仕事が忙しくてきちんと休めていないなどでしたら明らかに原因はそこにあります。

仕事が忙しいことなく普段どおりに戻ったとき口臭はどうでしょうか。

もしそこで口臭がしていなければ原因が取り除かれたことで改善されたと思って良いと思います。
逆にそこでまだ口臭がしているようでしたら、もしかしたら体のどこかがおかしいというシグナルかもしれないので病院へ行くことをおすすめします。

こういったようにまずは原因を考えることです。
原因がわかったうえでその原因にあった改善方法でしていくのが一番早いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする