子供の口臭について

子供の口臭

赤ちゃんの口臭フェチ

特にお母さんに多いようですが赤ちゃんの口臭でミルク臭いのが好きという人が多いようです。

これも一種の口臭フェチに入ると思います。

ですがこの赤ちゃんのミルク臭い口臭というのは病気ではなく自然に起きることなのです。

生まれてから離乳食が始まるまではお母さんのおっぱいしか飲まないわけですから口臭がミルクくさくてもしょうがないですよね。

また赤ちゃんの唾液というのは量も多いですし独特のニオイがします。

ですが赤ちゃんのこの唾液の量は良いのです。

歯みがきなどできないので歯みがきの代わりに唾液で口の中をキレイにしているのです。

赤ちゃんがおっぱいしか飲んでいないということもありますが、その唾液のおかげで大人が発する口臭のようなニオイはしないのです。

赤ちゃんは口臭がミルクくさいですが、実はどこを嗅いでもミルク臭いとおもいませんか?

それは体臭につながりますね。

体臭は毛穴という毛穴から出ているわけですからおっぱいしか飲んでない赤ちゃんからでる体臭がミルク臭くてとうぜんです。

それだけ赤ちゃんの体はきれいということですね。

口臭がする子供

子供が口臭している原因の多くは口腔内の汚れになります。

これは子供だけではなくて大人にも言えることです。

まずは子供の歯みがきをチェックしましょう。

子供の歯みがきの仕方ではなくて子供の歯みがきの後の親の仕上げ磨きです。

これをするだけでも口臭は違ってきます。

子供も大人もそうですが、口の中の汚れ、プラークと細菌が口臭の原因になっていることが多いです。

子供の舌に舌苔はついていないでしょうか。

これも口臭の元になります。

まずは食べカスなどのプラークを取り除いてあげましょう。

子供の口臭の原因としては他にはストレスなども関係してきます。

子供ですが知らず知らずのうちにストレスを感じてしまっていると口臭となって現れます。

口の中はきれいなののどうして?と思ったときにはストレスなどの精神面も考えてあげてください。

少しでも取り除いてあげることが口臭改善に1歩近づきます。

後は虫歯をほっておいても口臭の原因になりますので、定期的に歯医者さんへいって検診を受けることをおススメします。

虫歯もなくなりますし、予防もできてよいでしょう。

赤ちゃんの口臭

赤ちゃんに口臭がしているという場合の多くは赤ちゃんが何らかの病気になっているときです。

風邪や発熱、口内炎や扁桃腺炎にかかっていることがあります。

他には蓄膿やアデノイド、アデノイド周囲炎などです。

また単に鼻が詰まっていて口呼吸をしているときにも口臭はしてきます。

なぜそういった時に口臭がするのかというと、唾液の分泌量が減ってしまうために口臭がしてしまうのです。

唾液というのは口の中の汚れや細菌などを流してくれてきれいにしてくれる作用があります。

その唾液の分泌量が減るということは細菌が流されないので口の中で繁殖してしまい口臭がするのです。

特に赤ちゃんは自分では口腔内ケアができませんからよけい口臭がするのです。

赤ちゃんの口臭の対処方法ですが、「気にしない」ことです。

一時的なことなのでお湯やお茶をいつもより少し多く飲ませてあげたり、歯みがきをしたり、できない場合にはガーゼで優しく拭いてあげるなどしてあげましょう。

ただ無理強いはしてはいけません。

この次期に嫌になってしまうと口臭予防以前に歯みがきが嫌いになってしまうので注意してくださいね。

すぐにできることと言えば水分を多くとらせてあげること。

少しは細菌が流されるので口臭もましになると思います。

幼児の口臭について

幼児も人間ですから口臭は発生します。

家にお子さんがいらっしゃる人でしたら実感しているのではないでしょうか。

まず、幼児の口臭チェックですが、歯が生えていない幼児は舌苔、舌の色、口のニオイ、唾液の粘度で口臭を判断してください。

また歯が生えてきている幼児には口臭チェックにプラス虫歯が無いかどうか見ておくと良いでしょう。

虫歯が無くても汚れ、プラークが付いていると口臭が発生してきます。

幼児の口臭の場合には口の中にいる菌の繁殖が唾液で退治しきれなくなっていてカビが生えてしまったり、蓄膿が原因となって口臭が発生していたりします。

幼児というのは歯みがきが上手くできないのでお母さんやお父さんの仕上げ磨きで汚れを取り除いてあげてください。

幼児の舌というのはとても敏感なので荒く取り除かずにガーゼなどでふき取るようにしましょう。

やりすぎると舌が敏感になってしまい唾液の分泌量が調節できないということもあるようですので注意してください。

また幼児の年齢に合わせた歯ブラシを使うのも重要です。

今は0歳から年齢別に歯ブラシが出ていますし、子供向けにキャラクターがついているものもあります。

楽しく歯ブラシできるような環境を作ってあげてください。

子供と口臭について

子供の口臭を気にするお母さんが多いですが、子供の口臭は気にすることはないでしょう。

子供の口臭の大きな原因は口腔内の衛生面です。

やはり正しく歯みがきができませんから汚れ、プラークがたまってしまい細菌が繁殖してしまって口臭の原因となります。

あと子供の口臭の原因で考えられるのは、風邪を引いた時など。

子供に熱が出てしまい寝込んでしまったとき口臭がするなと感じたことはないでしょうか。

これは結論から言うと、熱が下がれば自然と口臭も消えるので大丈夫です。

熱が出ると水分が足りなくなります。

それは口腔内にも言えることです。

熱がでることによって唾液の分泌量が減ってしまいます。

唾液の分泌量が減ると口臭がするのか?とおもうかもしれませんが、唾液というのは口腔内にあるプラークや細菌などを流してくれる作用があります。

唾液の量が減るということは流されていた細菌などがまだ口腔内にあるということになります。

そうなってくるとその細菌が増えてしまい口臭が発生してしまうのです。

口の中の状態というのは細菌には繁殖の格好の場所となるので水分を多くとるようにしましょう。

こういった原因が多いので深刻に悩む必要はありません。

子供の口臭について

子供の口臭が気になる親御さんも多いのではないでしょうか。

子供の口臭にも原因がいくつかあります。

まずは何と言っても口腔内ケア。

とはいっても子供自身が上手に口腔内ケアをできることは少ないでしょう。

そこで重要なのはお父さんやお母さんの仕上げ磨きとなってきます。

子供の時にできる虫歯、口臭などはお父さんやお母さんに責任があると言っても過言ではありません。

お父さんやお母さんが子供の口の中を守ってあげなくてはいけません。

それでは子供の口臭を防ぐにはどうしたら良いか紹介します。

一番重要なのは歯みがきです。

口の中にプラークが残ることによって口臭の原因となるのでしっかりケアしてあげましょう。

子供本人にはしっかり磨けていなくても歯磨きをするということを覚えてもらうようにしましょう。

仕上げ磨きは歯一つ一つ確認しながら丁寧に磨いていきます。。

お子さんが小さいのならガーゼなどで拭いてあげるのでも口臭予防になります。

子供が歯みがきを嫌がるのであればキャラクター付きの歯ブラシを使うのも良いのではないでしょうか。

他に考えられる子供の口臭の原因としては風邪や発熱、唾液の分泌量が減ったりしても口臭の原因となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする