AGA対策情報|男性型脱毛症の原因と治療法

aga

AGAについて

AGAというのは日本語では男性型脱毛症と呼ばれているもので、「Androgenetic Alopecia」の略称となっています。男性ホルモンの影響によって薄毛や抜け毛が引き起こされていることがわかっています。特徴としては額から薄くなっていくケースや頭頂部が薄くなっていくことなどが考えられます。このようなタイプの薄毛や抜け毛に悩んでいる人は、男性型脱毛症であることが多いのです。この場合は、専門の治療によって症状を改善することができるのです。

なかには、父親や祖父なども髪の毛が薄かったのであきらめているという人もいますが、その場合も男性ホルモンの分泌量が遺伝していることが考えられます。男性ホルモンに原因があるとわかれば、効果的な治療も可能になっているのです。なぜなら、抜け毛を引き起す原因物質がわかっているので、その働きや生成を阻害することができれば予防できるからです。現在では、そのための治療薬も出ているので、遺伝だからといってあきらめる必要はないのです。

このAGA(男性型脱毛症)というのは、早い人では10代後半あたりから見られることもあります。そうしたケースでも早くから治療を行っていくことで、歳を重ねても抜け毛の数を増やさないようにしていけるのです。なにも手を打たないでいると早々に薄毛や抜け毛によって外見的な変化が見られることになってしまいます。すでに進行しているという人は、一度、医師や専門のクリニックで見てもらうことをオススメします。そうすることで悩みを解消できるかもしれないからです。

AGAと発毛サイクル

たいていの人でも年齢とともに頭髪に変化があります。やはり30代くらいからボリュームが出にくくなったという人や、抜け毛が気になってきたという人も多くいるはずです。そもそも髪の毛には発毛サイクルというものがあり、2年から6年くらいの成長期と2週間程度の退行期、それから3か月程度の休止期を繰り返しながら成長していくものなのです。

そのなかで、AGAの症状というのは、成長途中で成長期から休止期の間にある退行期へと向かってしまうことで、十分に髪の毛が育つ前に抜け落ちてしまうものとなっているのです。普通は抜け落ちた髪の毛でも毛母細胞が生きていれば、そこから再び成長がはじまります。十分に成長期をとることができれば、太く長く育っていくはずなのです。その成長が途中でとまって、毛根が退縮しはじめて、やがて抜け落ちてしまうということになると、当然、薄毛や抜け毛に悩まされるというわけです。

ここで注意をしてほしいのは、誰にでも髪の毛のサイクルの中で髪が抜ける時期があるということです。もちろん、全部が一度に抜け落ちて生え変わるというものではありませんが、それでもAGAでない人でもヘアサイクルのなかにおける抜け毛というものがあります。その点を間違えないようにしましょう。抜け毛はAGAのサインにもなりますが、健康なヘアサイクルの証でもあるというわけです。ポイントとしては、抜け毛の量や成長途中で抜け落ちてしまっているかを確かめるようにしましょう。

AGAには原因と治療法がある

いま現在、抜け毛や薄毛に悩まされている人のなかには、本人が理解していないだけでAGAだという人もいるはずです。男性ホルモンの働きに原因があるとわかっているので、それ以外のことに効果がある育毛剤を使っていても意味がありません。専門的な治療を行っていくことが必要になります。逆を言えば、原因がわかっているので効果的な治療が可能というわけです。

また、自分は父親も髪の毛が薄かったから遺伝なのだとあきらめている人もいるかもしれません。しかし、その場合も薄毛が遺伝しているわけではなく、抜け毛や薄毛を引き起こしている男性ホルモンの分泌量が遺伝しているケースも考えられるのです。そこで、男性ホルモンの働きや生成を抑制することができれば、遺伝であっても症状を改善していくことが可能になっています。ですから、父親を見て原因がはっきりしているほうが、むしろ対策が立てやすいというわけです。

このように、AGAとういうのは、男性ホルモンの働きによって抜け毛が引き起こされているという原因のわかっているものになります。そのための治療薬もあるので、専門のクリニックや医師に相談をしていくことで抜け毛を防いで丈夫な髪の毛を育てていくことが可能なのだと言うわけです。すでにあきらめているという人も、まだ改善の可能性は残っているかもしれません。とくに原因がAGAにある場合というのは、早めに手を打てば回復可能なのです。

AGAの原因について

AGAは男性ホルモンが原因で発祥するということはわかりますが、なにがどのように影響しているのかをはっきりと理解しないと、対処法が見付からないと思います。

AGAの原因としては、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが大きく影響しているのです。髪の毛の周期は焼く半年で1回の周期で抜け替わりますが、ジヒドロテストステロンの影響で、その周期自体に異変が発生してきます。ジヒドロテストステロンが髪の毛の寿命を短くして、薄げの原因となっているのは本当のところです。通常髪の毛は最長6年間は伸び続けるといわれています。この時期を成長期といい、その後退行期といって髪の毛が退化する時期があります。数ヶ月でその退行期が終ります。

その後、休止期といって髪の毛が抜け落ちます。その後また成長期にはいります。この普通の人がこのサイクルで成長期・退行期・休止期を繰り返しています。サイクルに以遠を与えるのが、男性ホルモンであり、代表的なものがジヒドロテストステロンといえます。ジヒドロテストステロンの働きが活発化されると、この正常のサイクルが壊してしまい、休止期が成長期を上回り、AGAになってしまうのがこの男性ホルモンのジヒドロテストステロンが非常に大きく影響しています。テストステロンから作られるDHTが多量に頭皮に検出されるようになり、男性ホルモン受容体と結合することで、脱毛のシグナルが出されてしまいます。

脱毛シグナルが出されると、成長期が止まり休止期へ移行してしまいます。成長期が短くなり、休止期が早く来ることではげの原因になっています。DHTというのは非常に面白い物で、胎児期では成長を助ける物ですが、思春期以降は、にきびや前立腺肥大や今回のAGAのおおきな原因になっています。

このAGAは個人差がありいろいろなAGAの現象を引き起こしています。AGAがあまり目立たない人から、若い年齢で大きく影響してはげになる人もいます。専門医に相談して治療するのが一番の悩みの解決策です。

ホルモンバランスが関係?

AGAという言葉を聞いたことはありますか?これは男性型脱毛症の略称です。男性型脱毛症とは、主に40代を過ぎたあたりの男性が発症してしまう脱毛症で、男性ホルモンに含まれている成分がきっかけとなって起こると考えられています。また、最近では若い世代にまで男性型脱毛症が広がっており、深刻な事態となっています。

一般的に、AGAは男性ホルモンの過剰分泌によって起こってしまうと考えられているのですが、遺伝も関わっているとも言われています。私自身、ハゲは遺伝で決められているという話を聞かされてきました。

自分の父だけでなく、母親の祖父が持っている遺伝にも影響されると言われています。男性型脱毛症を引き起こす遺伝子がどの遺伝子かということは特定されていないのでうが、一説によれば、ある遺伝子の働きで、頭皮のアンドロゲンの働きが促進され、そのために髪の毛が抜けやすくなっているのではないか?と言われています。

また、父親が禿げていないのに息子はハゲているというパターンは多いです。これはよく「隔世遺伝」と言われていると思います。父親が禿げていないのに、息子がハゲていたりすると、年齢の違いがわかりにくくなってしまうので、本人にとっては辛いことだと思います。男性型脱毛症を引き起こしてしまう原因となる物質は、ジヒドロテストステロンです。これは、男性ホルモンの中に含まれているテストステロンという物質が、体内の5αリダクターゼという物質と結びつくことで生成されるもので、発毛を抑制する働きを持っています。ジヒドロテストステロンが増えれば、髪の毛は力を失い、発毛も滞ってしまうのです。

そのため、男性型脱毛症の解消のためには体内のホルモンバランスから変えていく必要があります。

AGAの治療薬

AGAというのは、専門の治療を受けることで症状を改善していくことができます。ドラッグストアなどで売っている育毛剤だけではあまり効果がなかったということで、途中であきらめてしまうという人もいるかもしれません。しかし、抜け毛の原因が男性型脱毛症であるならば、専門的な治療を受けるようにしましょう。そうすれば、あきらめてた人でも大幅な改善がみられることもあるからです。原因がわかっていて、そのための治療薬もあるというわけです。

その代表的なものがプロペシアです。フィナステリドという有効成分によって作られた錠剤型の育毛剤となっており、身体の内側から効果を発揮してくれます。その働きとしては、男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンの働きを抑制してくれるものになります。髪の毛が抜ける原因が改善できれば、それまで途中で抜け落ちていたところを成長期に移行させていくことができるので、太く丈夫に育っていくというわけです。

一般的な育毛剤というのは、外側から塗布したり噴霧したりすることで、血行を促進したり、栄養成分を届けたりしています。しかし、AGAの場合は、それだけでは根本的な原因の改善はできません。専門の治療薬を使うことで、原因物質が髪の毛の成長を阻害するのを防ぐことができれば、大きな効果が期待できるというわけです。そのため、プロペシアを最高の育毛剤と呼ぶこともあります。ただし、正しい使用方法を守らないといけません。

フィンペシア(Finpecia)フィンペシア(Finpecia)
薄毛でお悩みの方セット
フィナステリド(Finasteride)1mg(有名AGA治療薬「プロペシア」と同一成分です)フィナステリドは、AGA(エージーエー)を引き起こす原因である5αリダクターゼ(還元酵素)がジヒドロテストステロン(DHT)に変換される活動を阻害する働きを持っています。日本はもとより世界60カ国以上で使用され世界的に注目されている成分の一つです。
*メーカーにて、以前は輸出向けとインド国内向けを製造しておりましたが、現在は、インド国内向け製品(着色料:Quinoline Yellow含有)のみが製造となりました為、弊社でも、インド国内向け製品(着色料:Quinoline Yellow含有)のみの取り扱いです。尚、その他の主要成分は輸出向け・インド国内向けどちらも同一です。
フィンペシアは男性用の医薬品でございます。女性用ではございませんのでお気をつけてくださいませ。
フィンペシア:インド Cipla社製。ミノキシジルタブレット:タイ TO Med Co.,Ltd,
フィンペシア:インドインドCipla社製。インド製薬会社第2位。インド第2位の製薬メーカーで2006年度売上高は8億2500万ドル。欧米含む170カ国以上に製品を輸出。

治療薬としてはプロペシアが有名

男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンの働きを抑制してくれます。髪の毛が成長するためには毛母細胞が活発でないといけませんが、ジヒドロテストステロンは細胞内の受容体と結合して、髪の毛の成長を阻害します。プロペシアを服用することで、髪の毛が正常に育つようにしていくことができるというわけです。しかし、それ以外にも抜け毛の原因がある場合は、総合的なヘアケアが必要になります。

たとえば、ストレスや食生活というのも抜け毛の原因として考えられます。ストレスが溜まってしまうことが原因で円形脱毛症になるというケースもあります。あるいは、栄養の偏った食生活だったり、髪の毛の成長に必要な栄養素が十分に摂取されていないと、やはり丈夫な髪の毛は育ちません。そういったケースでは、男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアを服用していても十分な効果が得られないことも考えられるというわけです。

ですから、AGAの治療というのは、プロペシアを飲んでいるからそれでよいというものでもないのです。治療方法というのは、人それぞれに合ったものが必要になると言えるでしょう。そのほかにも、頭皮環境を整えておくことも高い効果を期待するためには欠かせません。頭皮というのは髪の毛が育つ土壌になるわけですから、その部分の準備ができていないと、いくら身体の内側から原因物質に働きかけても、髪の毛が育たないこともあるのです。

AGAを専門店で治療する

AGAの治療を考えている人には、専門のクリニックや病院をオススメします。それは、人それぞれの症状に合わせて1番効果的な治療を行っていくことができるからです。たしかに個人輸入などでも治療薬を購入することは可能です。しかし、それだけを飲んでいれば良いというものでもありません。そのほかにも原因が考えられますし、副作用などもあるものなので、最初は医師に相談をして治療を開始するようにしたほうが安全だと言っていいでしょう。

そして、専門店でAGAの診断をしてもらうときには、いくつかの項目を確認することになります。それによって治療方法が決まっていくのです。最初は無料相談などを受けるのがいいでしょう。専門のスタッフのカウンセリングを受けることができます。そのときに、具体的な治療方法の例や費用などについても説明を受けることができます。問診表に回答して、気になっている部分などについて具体的に伝えられるようにしておきましょう。

それから初診を受けることになります。カウンセリングは無料で受け付けているクリニックもたくさんありますが、初診からは有料になります。そこでは頭部の写真を撮ったり、医師によって頭皮と頭髪の状態を診断してもらうことになります。そこからさらに血圧を測定したり採血を行って、体の内側の状態確認します。そういった検査を行ってから、治療を開始することになるのです。治療薬の処方のほか、食生活のアドバイスなどもしてもらうことになります。

専門店でAGA治療をするメリット

とくに市販の育毛剤だけに頼っているという人のなかで、症状が深刻になってきたという場合は、早く専門店に見てもらうことをオススメします。男性ホルモンのジヒドロテストステロンが毛母細胞の受容体と結合してしまうことで、髪の毛の正常な成長を阻害しているので、その部分の働きを抑制するのが効果のある治療方法になります。

専門店で治療を行えば、プロペシアという服用薬によって身体の内側から抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロンの働きを抑制できます。そのうえで、さらに効果を高めるために外用剤の使用や頭皮ケアなどにも取り組んでいけるというわけです。抜け毛を予防するだけでなく、発毛にも効果のある治療を行っていけば、それまでの悩みや不安を取り除いていくことができるというわけです。プロペシアだけでは効果がないというわけではありませんが、総合的な治療でより高い効果が期待できるようになります。

専門店のAGA治療は、その効果がわかるのに個人差があります。それでも3ヶ月から6ヶ月程度で兆候が見られるようになるはずです。そこでは、髪の毛が太くなってきたという人や、ボリュームが出てきたという人もいます。また、毛根から2本目、3本目の毛が生えてきたというケースもあるでしょう。いずれの場合でも、プロペシアだけでなく、総合的な治療が効果を発揮するものだと考えていいでしょう。

AGAの治療費について

AGAの治療を受けたいと考えている人のなかには、費用がどれくらいかかるのかを知りたいという人もいるでしょう。市販の育毛剤で対応しているという人は、血行促進タイプのスプレーだけならば1本1000円程度で購入ができます。しかし、それでは抜け毛の予防にはなるかもしれませんが、発毛やAGAの治療にはなりません。専門的な治療を行えば、もっと大きな改善が期待できるという人もいるのです。そのためには、やはりそれなりの費用も必要になります。

専門医に診てもらうための診察料のほか、プロペシアなどの薬代についても考えていかなければいけません。ただ、多くの専門店では、最初のカウンセリングについては無料で受け付けていることもあります。治療の内容や治療費についても、そこで説明を受けることができるはずです。そこから、問診票を書いて、実際に診察を希望するかどうかを決めていくことになるのです。そこからかかっていく費用というのは、人によっても違いがあると言えるでしょう。

初診料としては3000円くらいのところもあるようですが、より詳しい検査をすることで高くなるところもあるようです。経過を確認するための頭部写真の撮影や、薬での治療が可能かを確認するための血液検査などもあります。そして、男性型脱毛症の専門治療を行っているところでは、毎月1回通院することになります。そこで、診察と薬の処方をしてもらうことになりますが、そこでも保険外の費用がかかることを考えなければいけません。

ご自身で対策を考えている方へ

AGAは専門店で総合的な頭髪治療を行っていくことで高い効果が期待できます。しかし、そのためには毎月費用がかかることも覚悟しなければいけません。そこで、費用を抑えて治療をしていきたいという人もいるでしょう。そういった人のために簡易AGA遺伝子検査キットというものがあります。これは病院や専門のクリニックで検査をしなくても自分がAGAかどうかを確認することができるものです。AGAだとわかれば、抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンの働きを抑制する薬などを購入して自分でも治療を行っていくことができます。

この簡易AGA遺伝子検査キットというのは、口の中の粘膜を採取して、それを調べてもらうことになります。調べるのは自分ではできないので、専門の検査機関に送ることになります。それでも料金は病院やクリニックで検査をしてもらうよりも安くなっているのです。まだAGAかどうかもわからないという人で、他人に知られたくないという人ならば、簡易キットを使うのもいいでしょう。しかし、相談をしながら治療法を確認したいという人は専門医に相談をしたほうがいいのです。

さらに、治療薬を個人で購入するという方法もあります。海外からの個人輸入という形になりますが、すべてを自分で手配をしなくても、輸入の代行業者がいるので、そこにまかせることができます。個人輸入代行でプロペシアを購入すれば、専門店や病院で処方してもらうときに比べてはるかに安く購入することができます。長期にわたって服用していくことを考えると、大きな差になると考えることもできるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする