正しく髪を洗う抜け毛対策

抜け毛

頭皮の汚れや毛穴に詰まった老廃物は、毛根の働きを邪魔して、頭皮の炎症を引き起こし、抜け毛の原因となってしまいます。
そのため、毎日の洗髪は抜け毛予防にはかかせません。
しかし、正しい洗髪を行わないと反対に抜け毛を促進してしまうかもしれません。
例えば、爪を立ててゴシゴシと洗ったり、1日に何度も洗髪したりするのは頭皮にダメージを与えます。
正しい洗髪方法を毎日行うことで、本来の洗髪の効果が期待できるのです。
正しい洗髪方法を紹介します。
まず、シャンプー液をつける前に、ぬるま湯で頭部全体を洗い、表面のほこりなどを流します。
ぬるま湯とは、38度くらいが望ましく、熱い湯は頭皮の乾燥の原因となります。
この素洗いが終わったら、適量のシャンプーを手に取り、少量のお湯を使って手のひらでよく泡立てたものを頭皮につけます。
直接シャンプー液を頭皮に付けてしまうと、泡立つまで髪をこすり合わせることとなるので、髪が傷む可能性があります。
泡を頭皮に付けた後、指の腹を使ってマッサージをするようにようもみ洗いをします。
爪を立てないように注意しましょう。
爪で頭皮を強く引っ掻いてしまうと、すぐに傷がついてしまって、フケの発生や炎症の原因となります。
また、シャンプーはボトルに書いてある適量を守りましょう。
シャンプーの付けすぎは、刺激を賦課することとなるので髪にとってはダメージとなるのです。
生え際から頭頂部まで、まんべんなく洗えたら、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。
このすすぎは重要です。
シャンプー液の洗い残しは、頭皮の汚れになってしまい、毛穴が詰まります。
シャンプーの後にトリートメントを使用する場合、頭皮ではなく髪の毛に使用し、しっかりと洗い流しましょう。
このように正しく髪を洗うようにしましょう。
特に重要なのは、爪を立てないこととしっかり洗い流すことです。
また、2度洗いをしている人もいますが、1回目の洗髪でしっかりと洗えていれば、2度洗いをする必要はありません。
むしろ、肌の弱い人は刺激となってしまうので、1回の先発でしっかりと泡立て、念入りに洗髪する方がいいのです。

原因別抜け毛対策

髪の毛への栄養不足が原因の場合、18種類のアミノ酸などの栄養素を摂取することが必要です。
毎日の食事で補えない場合は、栄養食品などで健全な状態の栄養素を摂取するといいでしょう。
少しでも早く適切な手当てを行うことが回復への近道です。
ストレスが原因の場合、ストレスの原因となっている生活習慣の見直しや心のケアが必要でしょう。
ストレスは最大の脱毛原因の1つとされており、それだけで元気な髪の毛へのダメージとなっています。
ストレスを強く受けると血行不良や栄養吸収率の低下、細胞分裂力の低下などが現れるため、栄養バランスを気にかけることも同時に必要です。
また、マッサージによる血行促進や身体を正常な状態に戻すための栄養成分を摂取することも効果的だと言えます。
頭皮の衰えが原因の場合、頭皮の古い細胞と新しい細胞が入れ換わる新陳代謝を正常な状態に整えて、水分保持能力を高めるようにしましょう。
そのためには、保湿作用が高い育毛剤の使用や、頭皮の新陳代謝を高める細胞活性剤などをしようすると良いでしょう。
また、頭皮マッサージも効果が期待できます。
頭皮は28日周期で新しい皮膚へと入れ替わります。
しっかりマッサージを行えば、新しく頭皮が生まれ変わります。
健康な髪の毛には健康な頭皮が必要です。
皮脂の過剰分泌が原因の場合は、食事の改善はもちろんですが、それだけでなく定期的な専用毛穴汚れ落とし剤などを使用して毛穴を綺麗な状態で保つ必要があります。
早めに毛穴の中にこびり付く硬く頑固な脂汚れを除去することが必要です。
円形脱毛症が原因な場合、自身の髪質や頭皮などに合った手当と精神面のケアなど物心両方からの対策が必要で、それを継続しなければいけません。
円形脱毛症は特に、精神的な影響が大きいと言われているので、メンタル面を重点的にケアした方がいいでしょう。
食事制限をするダイエットや、頭皮を圧迫するような手術の抜け毛、薬の副作用による抜け毛は、毛髪に余計な力が加わっていることが原因です。
この場合、頭皮に厚みがなくなっているため、頭皮に弾力性や厚みを持たせるマッサージが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする