男性の4大薄毛原因と対策方法

男性薄毛

男性にとっては女性にとっての肌荒れに匹敵するほど恐ろしい「薄毛」ですが、男性の薄毛の原因は大きく分けて4つと言われています。
中でも最も多いのが、最近よく取り扱われる「AGA(男性型脱毛症)」の原因となっている男性ホルモン「テストテロン」です。
本来「テストテロン」は体毛を濃くし男らしい体を作るのに役立つホルモンなのですが、こと髪の毛に関しては、薄毛の原因を作ってしまいます。
毛根の毛母細胞でテストテロンが酵素の働きによって「ジヒドテストテロン」という物質に変わると、毛母細胞を萎縮させ、いわゆる「髪の成長期」を短縮させしまう為、髪の成長に抜け毛のスピードが追いつかなくなってしまうのです。
更にストレスも薄毛の原因となります。
髪の成長は、毛根周囲の血管から毛母細胞に栄養素を送ることで促進されます。
ところが仕事などでストレスを受けると、毛根周囲の血管が収縮してしまって栄養素がうまく送られなくなってしまうのです。
またストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す原因となってしまう為、これも血行を悪くして栄養素が十分に頭部に行き渡るのを阻害してしまいます。
その他には遺伝と食事や生活習慣から来る薄毛もあります。
では、原因が分かったところで、どうすればこの薄毛を改善することができるか、です。
まず男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が原因となっている場合、この根本原因であるテストテロンの分泌を抑えればよいということになります。
テストテロンを含む性ホルモンは、メラトニンという物質によってその分泌が抑制されることが分かっていますので、このメラトニンを体内で増やすことが薄毛対策に繋がります。
メラトニンは太陽の光を浴びることで生成されますから、できるだけ夜型の生活を改めて、昼間にしっかり太陽を浴びるようにしましょう。
またリズム運動をすることによってもメラトニンを生成することができるそうです。
更にはストレスを溜め込まないこと、睡眠を良く取ること、髪の成長に欠かせないビタミンやミネラルを意識して摂取すること、お酒やタバコを控えることなども、薄毛対策には欠かせない要因です。

男女別薄毛の原因

薄毛とは何らかの減で髪が細くなったり、抜け落ちたりなど正常な成長をしなくなって髪の毛が薄くなるという状態のことです。
薄毛の原因は大きく分けて4つあり、遺伝、男性ホルモンの影響、食事と生活習慣、精神的ストレスです。
これらが複雑に関連して薄毛となります。
男性ホルモンのテストステロンは髭や体毛などの成長促進をするのですが、頭髪にとっては逆となるのです。
毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛母細胞を委縮させて髪の成長の邪魔をします。
遺伝は、薄毛と大きく関係していると考えられています。
しかし、男性ホルモンを受け取る受容体を調べることで、男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかを知ることができ、それぞれに合った治療を行うことができます。
ストレスは心身に悪影響を及ぼしますが、髪の毛も例外ではありません。
ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱します。
これにより血流が悪化し、毛根に十分な栄養を運べなくなるため薄毛となってしまいます。
髪の毛の生成にはビタミンやミネラル成分が必要です。
しかし、日常の食生活では十分に摂取できていないことが多いのです。
また同時に、不規則な生活は髪の毛の成長を妨げることとなります。
女性の薄毛の原因は、主に加齢現象やホルモンバランス、ストレスなどがあります。
特にホルモンバランスの変化による薄毛が多いです。
他にも遺伝的要素など様々な原因がありますが、タバコや睡眠不足は特によくありません。
また食事制限によるダイエットで栄養不足になったりホルモンバランスを乱したりすることもあります。
髪の密度は20歳がピークと言われ、太さは35歳ごろだと考えられています。
その後、密度も太さも衰え、30代後半からは髪のうねりも目立ちます。
40歳前後になると髪のハリやコシがなくなり白髪や薄毛など髪の加齢変化が目立つようになります。
男性と同様にストレスも薄毛の原因となります。
女性の場合は男性と比べて特に、病院で原因を詳しく調べて治療を進めることが大切だと言われています。

男性がはげやすい理由

ストレスや食事、生活習慣、間違ったヘアケアなど、禿げる原因は様々ですが、男性特有の原因となっているのが男性ホルモンの影響です。
これを「AGA(男性型脱毛症)」と呼びますが、これがあるために男性は女性より禿やすいのだと言えます。
このAGAを引き起こす原因となっている男性ホルモンは「テストテロン」と呼ばれます。
しかしこのテストテロンは本来体毛を濃くし、筋肉のついた男らしい体を作るのに必要なホルモンで、10代の頃に経験する第二次性徴期から活発に分泌されるようになります。
その為若い頃のテストテロンの影響は、むしろ髪の毛を太く丈夫に育てることに現れます。
では何故これが中年になってくると禿の原因を作るのか、ということですが、このテストテロンは、思春期を過ぎると「5αーリダクターゼ」という酵素が働きかけて、毛母細胞の中で「ジヒドロテストテロン」というホルモンに変化します。
この「ジヒドロテストテロン」が実は薄毛の原因。
ジヒドロテストテロンは、何とテストテロンの約10~30倍の強さがあるそうで、これが毛母細胞に働きかけて髪の成長する期間を縮めてしまうのです。
つまり、正確に言うとジヒドロテストテロンは「髪を抜けさせる」のではなく、「髪の成長を邪魔する」ホルモンであり、髪が成長するスピードよりも代謝によって抜け落ちる髪の量の方が大きい為、全体として髪の再生が追いつかないと言うことなのです。
また、テストテロンをジヒドロテストテロンに変えてしまう「5αーリダクターゼ」は、頭部においては前頭部から頭頂部にかけてのみ存在します。
従って、AGAの場合、側頭部や後頭部が禿げることはなく、頭頂部だけ禿げたりいわゆる「髪が後退する」現象が起こるのが特徴です。
ちなみに女性にも多少なりとも男性ホルモンが存在し、酵素である5αーリダクターゼもわずかながら存在します。
しかしこれらによって女性が禿げるということは稀であり、影響を受けるとしても髪が薄くなる程度に抑えられるはずだそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする