女性に多い薄毛の原因と対策

女性薄毛

男性に限らず女性でも薄毛に悩む人は多く、分かっているだけでも日本女性の10人に1人は自分の薄毛に悩んでいるのだそうです。
女性の場合、男性のように全く髪の毛が抜け落ちてなくなってしまうということは稀ですが、髪が薄くなって地肌が見えてしまうのは、女性にとってはもっとつらい事です。
しかしそもそも女性が薄毛になってしまう原因はどこにあるのでしょうか。
その原因の1つは、ホルモンバランスにあります。
女性には閉経があり、子供を生む体から生まない体へと変化します。
この閉経によって女性ホルモンが減ってしまうと、女性の体内にもある男性ホルモンとのバランスが崩れてしまいます。
女性ホルモンは髪の成長を促すホルモンであるのに対して、男性ホルモンは頭髪の成長を妨げる働きがあるため、女性ホルモンの現象によって薄毛を引き起こすことがあるのです。
また食生活も薄毛の原因になることがあります。
特に女性の場合、極端なダイエットをすることがありますね。
これは髪の成長のために必要な栄養素も不十分になる為、髪の毛が耐え切れず抜け落ちてしまうことになるのです。
しかし逆に高カロリー・高脂肪の食事ばかり摂っていても、コレステロールや中性脂肪の増加で血管を詰まらせてしまう為、血液が毛根まで栄養素を届けるのを妨げてしまい、やはり薄毛の原因になります。
その他には男性とも共通しますが、ストレスや間違ったヘアケアなども女性の薄毛の原因となっているようです。
従って、女性の薄毛対策には、それぞれの原因にあったものが必要となります。
例えば女性ホルモンの不足によるものである場合、当然のことですが女性ホルモンを増やす習慣や栄養素を取り入れることが大切です。
女性ホルモンと似た働きをする栄養素と言えば大豆イソフラボンが有名ですね。
最近では効率よく大豆イソフラボンを摂取できるようサプリメントも多く販売されています。
また女性ホルモンを増やす為に必要な栄養素がたっぷり含まれているというザクロも、最近注目を浴びている食品です。
そして無理なダイエットをしないこと、ストレスはできるだけこまめに発散すること、髪に負担をかけるヘアケアを避けることなどが、薄毛対策の基本となるでしょう。

女性の悩みも尽きません

育毛剤っていうと、ついつい男性用っていうイメージがありますよね。
もともと男性のほうが髪は薄くなりやすいので、それを補うグッズや薬にも男性用っていうイメージがつくのは当然かもしれません。だけど、某植毛店のCMに出てきている女性のように、薄毛に悩むのは何も男性ばかりじゃありません。

女性だって髪の悩みは尽きないんですよね。しかも上記したように、育毛剤には男性用っていうイメージが強いから、女性はビミョーにやりにくい・・・。だけど、世の中にはちゃんと女性用の育毛剤だってあるんですよね!
女性用として成分が特化しているらしくて、薄毛に悩む女性には強い味方になりそうです。でも、だからといって男性が使えないのかっていうことではなく、女性用の育毛剤を男性が使ってもしっかり効果はあるようです。

だから、反対を言うと、男性用の育毛剤を女性が使っても、もちろん問題ないってことなんですよね。どうしてもの時は、全然、ドラッグストアとかで売っている男性用を使っても問題なさそう。ただ、女性用のものはパッケージもキレイだから、ちょっと洗面台に置いておくのは、こっちのが嬉しいかもですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする