育毛に良い食事・悪い食事|育毛に関するQ&A

育毛食事

食生活は健康に大きく関係しますが、育毛に関しても同じです。
育毛に良い食事もあれば、悪影響を与える食事もあるということです。
特に今の日本では食の欧米化によって健康にも髪にも良くない食事が増えてきました。
ここでは育毛に良い食事、悪い食事をいくつか挙げてみたいと思います。
まず育毛に良い食事として、たんぱく質が挙げられます。
というのも、髪の9割はケラチンとたんぱく質で構成されている為。
たんぱく質を多く含んでいるのは魚や肉、大豆、卵などです。
特に植物性たんぱく質が良いので、大豆製品である納豆や豆腐を摂るようにするのがお勧めです。
またたんぱく質はアミノ酸でできています。
アミノ酸が不足するとエネルギー不足になり、特に肌や髪にその影響が現れるといいます。
これは体が少ないエネルギーを優先順位的に生命維持に大切な部位にまわすよう働く為。
従って肌や髪は生命維持にとって然程重要でないことから後回しにされてしまって、エネルギー不足が顕著に反映されてしまうのです。
特に最近良く耳にする「必須アミノ酸」は、体を作るのに必要な栄養素でありながら、体内で合成できないものであるため、食事やサプリメントによって摂取しなければなりません。
アミノ酸をたっぷり含んでいる食品としては、魚介類や海草が挙げられます。
また女性ホルモンは育毛を促しますから、女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンもお勧めの栄養素です。
逆に育毛の為には避けたい食事もあります。
例えば動物性脂肪はコレステロールが溜まって血液を汚してしまいます。
汚れた血液では、頭皮に栄養を十分に送ることができなくなります。
同様に、塩分を摂りすぎるなら高血圧や動脈硬化の原因となってしまいますが、これらの症状も血液の循環を滞らせますから、やはり育毛に必要な栄養をスムーズに運搬できなくなってしまいます。
とは言っても、塩分や脂肪分を全く摂ってはいけないということではありません。
要はバランスを心がけるということ。
特にダイエットなどで栄養そのものが足りなくなると、当然頭皮への栄養も足りなくなって育毛を阻害してしまう原因になるでしょう。

育毛に関するQ&A

老若男女関わらず、育毛の悩みを抱えている人は少なくありません。
抜け毛を防止し育毛を促進させる為にすべきこと、すべきでないことなど、多くの人が持つ疑問を幾つか取り上げてみましょう。
Q1.帽子をかぶっていると頭が蒸れて脱毛を引き起こしやすいというのは本当ですか?
A.蒸れることそれ自体が脱毛を引き起こすという明確な証拠付けはまだ得られていません。
しかし帽子をかぶることで頭皮が汗をかき、それが汚れとなったり蒸れた状態が雑菌を繁殖させたりしてしまう可能性はあります。
そうなると炎症を起こして脱毛を引き起こす可能性はあります。
しかし普通の布製の帽子なら、それを懸念するほど通気性は悪くないはずです。
またサイズが合わない小さめの帽子を無理にかぶっていると、頭皮の毛細血管を圧迫して血行を悪くし、脱毛に繋がる可能性もあります。
Q2.タバコは抜け毛の原因になりますか?
A.はい。
タバコは皮脂腺を刺激して皮脂の分泌過剰を促します。
皮脂が多くなると毛穴を塞いで炎症を起こし、脱毛に繋がる可能性があります。
また毛細血管の流れも悪くなる為、血液が毛根へ必要な栄養素を送るのを阻害し、髪の成長を阻んでしまいます。
Q3.お酒を飲むと育毛に悪影響が出ますか?
A.お酒自体は悪影響を与えるものではありませんが、大量に飲むとそれだけ肝臓を酷使することになります。
肝臓が大量のアルコールを分解しようとする時、エネルギー源として用いるアミノ酸は、髪の毛を構成しているアミノ酸でもあります。
したがって肝臓にエネルギーを大量に消費されてしまうと、育毛の為に利用できるエネルギーが足りなくなって、育毛を阻害することになってしまいます。
しかし適量のアルコールは血行促進効果がありますから、適量を守っていれば育毛に良い効果を期待することもできます。
Q4.洗髪は、シャンプーより石鹸の方が良いというのは本当ですか?
A.要は、どんな石鹸やシャンプーを使うか、です。
基本的に普通の石鹸は石鹸のかすが残りやすいのでお勧めできません。
シャンプーは、使用されている界面活性剤の種類によります。
アミノ酸系の界面活性剤を使用しているシャンプーは頭皮や髪に優しくお勧めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする