乳腺炎との遭遇-しこりなどの症状は危険?

大病なの?あまり聞かない乳腺炎は炎症時に発熱したり、発症してる箇所にしこりの症状がでたりします。

乳腺炎

乳腺炎の情報です

乳腺炎とは、乳腺(お乳が出てくる道)が詰まって炎症を起こしていまい痛くなったり熱が出たりすることです。

少しお乳が出るようになってきた頃、胸にしこりが出来てきて、痛みも出てきました。

乳腺炎の原因には授乳時にできた乳首の傷から細菌が入って起こる「急性化膿性乳腺炎」と母乳の需要と供給バランスが取れずに母乳が溜まってつまる「停滞性乳腺炎」の2種類があります。

しこりが出来てとても痛くなるんですよね。

助産婦さんのマッサージは本当によく効きます。

症状が治りきらずに長引くと、慢性乳腺炎になるそうです(更年期になって起こる場合もあるそうです)。

停滞性乳腺炎の原因は動物性食品のとりすぎやストレス、肩こり、冷えなどです。乳腺炎を避けるためには日ごろから食べ物に注意することが必要です。

乳がんは女性ホルモンと深い関係があります。

乳腺炎は2種類あり、どちらも治療法が異なります。

何科を診察したら良いの?という疑問もあるでしょう。

同じように女性特有の病気と思われている乳がんには男性でもかかりますが、乳腺炎はどうでしょうか?

滞性乳腺炎と化膿性乳腺炎など、あまり認知されてないものだと不安を感じますよね。専門病院を探す為のヒントはこんなところにあると思います。

急性化膿性乳腺炎になったら授乳を中止して、母乳を搾り出してから冷やしたあと、抗生物質や消炎剤などの薬を服用します。

授乳中であることを考慮してもらえば、弱いもので、安心して飲める薬を出してくれるでしょうが、どうしても気になる場合は、漢方のお薬はどうでしょうか。漢方は効き目も優しいですが、身体にも優しいです。

腺炎は授乳期に発症しやすく、乳頭から細菌が入って炎症をおこす急性細菌性乳腺炎と母乳が乳腺に詰まって起こるうったい性乳腺炎があります。どちらも乳房に触れるだけで激しい痛みと高熱が出ます。