RSウイルス感染症の由来|予防と治療法

RSウイルス

RSウイルス感染症とは?

RSウイルス感染症ってあまり聞いた事の無い名前のウイルスですが、
ご存知ですか?

小児ほどかかりやすく、重い病気になりやすい呼吸器の感染症で肺炎の原因
となってしまうのです。

風邪などの軽い症状も含めて小児なら多くの子がかかっています。乳幼児
の子なんかは細気管支炎など重病化しやすいです。

また、RSウイルスは感染力も非常に強くて、免疫ができたとしても何度も感染する可能性も十分あるでしょう。

ただ、乳幼児をすぎると、RSウイルスは症状が軽くなって2歳を過ぎた頃には「鼻かぜ」程度で済むとも言われています。

RSウイルスはインフルエンザのウイルスと区別するために検査で鼻の粘液を採取して、判定すると言う手段があります。まあ、どちらのウイルスにしても赤ちゃんがかかるとまずいことです。

RSウイルスの風邪はただの風邪ではなく、疲れても無いのに、「はあはあ」と言ったり、苦しそうな咳などもあげ長期間にわたって症状がくるのが特徴です。

風邪は万病の元と言うように、症状だけでは判断できず、えらい病気になる可能性もあるので、すぐに病院に連れて行きましょう。

由来

RSウイルスは世界中で感染者がいる上、日本では小児ならば
100%近くの子が感染するほど有名なウイルスですが、由来を知っていますか?

RSウイルスの名前の由来は呼吸器(respiratory tract)の感染症の患者
からウイルスが分離して感染細胞が合胞体(syncytium)を形成すると言うこと
からです。

わかりにくいですね(^_^;つまり肺などからウイルスが出て行ってさらにどんどん拡大していくと言うことではないでしょうかね。

RS ウイルスは一本のマイナスの鎖型RNAなのですが、パラミクソウイルス科というウイルスに分類されています。

パラミクソウイルス科には、インフルエンザウイルスやはしかやおたふくかぜといった風邪にまつわるウイルスがよく知られているので、風邪の症状になるのですね。

RS ウイルス石鹸や消毒などするとやはり簡単に感染力も落ちてくるウイルスなので、お子さんには十分に手洗いなどをさせてあげるといいです。

また、飛翔感性もかなりの確率でなるのでマスクによる予防もできると言えます。

予防と治療法

RSウイルスは小児がなりやすいと説明しましたが、予防策と治療法を
説明したいと思います。

RSウイルスの予防策は子供とその家族はよく手を洗うなど衛生的によく
管理する必要があります。

ご両親の方はまだお子さんが小さいうちは、抱きしめたり、ほおをよせたり、一緒に寝るなど接触が多くなりますよね。

しかし、それこそRSウイルスに感染する危険性が高まる行為です。ご両親の方はお子さんが少しでも風邪の症状を見せ始めたらできるだけ控えるようにしましょう。

RSウイルスによって引き起こされるウイルス性気道感染症はインフルエンザウイルスと違って治療できる抗生物質はありません。

気道感染症にかかったお子さんにしてあげられる手段としては安静にして水分をたくさん摂取してあげるように促すことです。

発熱や痛みが発生してしまったらアセトアミノフェンのような非ステロイド性抗炎症薬を投与してあげるとよいです。

鼻づまりがひどい時は冷たい霧を出す加湿器を使って部屋の湿度を高めたり弾力性のあるゴムチューブで鼻から粘液を吸いだしてあげるとある程度楽になると思います。

親が子にできること

私の2歳に間もない子供も12月にRSウイルスに感染し、細気管支炎
で体調を崩したことがあります。一週間の入院をしました。

退院したのはいいのですが、退院後も風邪や水疱瘡などを繰り返して2週間に一回くらいのペースで発熱してしまいました。

熱を出したり、鼻水をだらだらに出したり、喘息なども荒いこともありました。

顔色もよく、元気にしていたので心配はありませんでしたが、RSウイルスに感染後は明らかに食欲も減退していました。

RSウイルスは肺炎などの重病にもつながりかねないので、やはり親の私が
安心して丁寧に子供を看護してあげるのがベストだと思いました。

感染症と言うのは不安にしていると大人である親にも感染しかねない病気だと調べたら書いてありましたので、健康な精神状態を保ったらなんとか乗り越えられました^^

また、子供も小さいながら人間なので自己治癒能力はかなり持っているので、病気はなかなか引くものではないですが、それを信じてみるのがいいと思いますよ。

ウイルスってどんな物?

RSウイルスとかインフルエンザウイルスとかウイルスと言いますが、具体的にはどのような物かがわかりにくいと思います。

ウイルスは生きている細胞の中でしか増殖できない微生物です。
構造的には遺伝子とそれを含むたんぱく質の殻に入っている存在なのです。

たんぱく質の殻は遺伝子にコードされているのですが、遺伝子を翻訳して
たんぱく質を合成する器官が無いために生きた細胞内でしか増殖できないのです。

もちろん、生きた細胞なら何でもいいというわけではありません。何でもいいならどんな人でもウイルスに感染してしまいますからね。

ウイルスが感染できる細胞は「標的細胞」と言われるそうです。エイズウイルスの場合ならCD4+Tリンパ球が標的細胞です。

ウイルスによっては特定の細胞にしか感染できないものや非常に多くの細胞に感染できるものなどたくさんの種類があります。

RSウイルスやインフルエンザウイルスなどの風邪のウイルスに共通していることは咽喉頭から肺までの呼吸器に感染するということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする