不正出血・セックス時の出血、子宮頸がんの疑いがあればすぐ婦人科へ

女性特有のがんには様々な症状が見られますが、その中でも最も多く見られているのが子宮頸がんです。子宮頸がんは、子宮頸部と腟の部位にあたる「子宮外口」にできることが特徴的ながんです。

不正出血

原因としては喫煙、ピルの服用などもありますが、ほとんどは「ヒトパピローマウイルス(HPV)」に感染することが原因であると言われています。

ヒトパピローマウイルスの感染ルートは主にセックスで、特定の相手ではなく不特定の人とセックスをすることによってウイルスに感染する確率が高くなります。

また、避妊をしないセックスにもウイルスに感染する要因が含まれていますから、子宮頸がんの予防にはまずセックスに対する考え方を改める必要があります。

セックスは特定の相手とすること、妊娠が目的ではないセックスの場合は避妊をすることから、ウイルスの感染と子宮頸がんの発症を防いでいきましょう。

ただし、ヒトパピローマウイルスに感染した人は必ず子宮頸がんを発症する、というわけではありません。感染してもその人の体質などによってがん化しないケースもありますし、ウイルスが自然消滅して正常な状態に戻るケースもあります。

ヒトパピローマウイルスの感染は子宮頸がんを発症させる原因にはなりますが、絶対に子宮頸がんを発症するわけではない、という点についてはよく覚えておきましょう。

しかし、ヒトパピローマウイルスの感染は誰にでも起こり得ることです。子宮頸がんを発症する恐れは誰にでもあることですので、しっかり予防しておくことが重要です。

セックスについてはもちろんですし、体調の変化に自分で気付くことも子宮頸がんの早期発見に繋がりますので、少しの変化を見逃さないようにしましょう。

子宮頸がんは初期段階でははっきりとした症状は見られませんが、進行していく中で様々な症状が現れるようになります。その中でも主に現れる症状に「不正出血」があります。

不正出血とは月経時以外に見られる出血のことで、月経時の出血に比べて鮮やかな赤色をしていることが特徴的です。

子宮頸がんの主な症状として、このような不正出血が見られることが多いので、不正出血の症状がある場合は早めに婦人科を受診してください。

また、セックスの時に出血がある場合も子宮頸がんを発症している恐れが考えられます。セックスをする度に出血がある場合などは、子宮頸がん以外にも他の婦人科系の病気が発症している疑いもありますから、すぐに婦人科で検査を受けるようにしましょう。

子宮頸がんのサインとして一番気付きやすい症状がこのような不正出血やセックス時の出血なので、出血の症状が現れた場合はすぐに婦人科で子宮頸がんの検査を受けてください。

また、腰痛や腹痛などが気になる場合も何らかの病気のサインとなっていることが考えられますので、少しでも不安なことがあれば婦人科の医師に相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする