不特定の相手、避妊をしないセックスによって高まる子宮頸がんの恐れ

婦人科系のがんには様々な症状が見られますが、その中で子宮体がんと並んで最も多いとされているがんが子宮頸がんです。

宮頸がんの恐れ

子宮頸がんは腟から子宮頸部にあたる子宮外口にできるがんで、がんができる組織によって「扁平上皮がん」と「腺がん」の2つのタイプに分類されます。

子宮頸がん患者の約8割は扁平上皮がんと言われていますが、近年では若年層を中心として発見しにくく治療も難しいとされる腺がんが増加傾向にあります。

子宮頸がんを発症しやすいとされる年齢は、20代後半から40歳前後と言われていますが、子宮頸がんを発症する年齢も徐々に若くなりつつあるとも言われ、若年層でも子宮頸がんを発症する恐れが高まってきています。

その大きな原因がセックスです。子宮頸がんが発症する原因は主に「ヒトパピローマウイルス(HPV)」と呼ばれるウイルスになります。

ヒトパピローマウイルスに感染することが原因となって子宮頸がんが発症されるのですが、このヒトパピローマウイルスに感染する原因としてセックスが第一に挙げられます。

夫婦や恋人同士であればセックスをすることは普通ですが、皆さんのセックスに対しての向き合い方に、子宮頸がん
を発症してしまう恐れがある問題が含まれているのです。

まず問題はセックスをする相手です。夫婦や恋人同士といった特定の相手とのセックスは特に問題ありませんが、不特定多数の人とセックスをすることはヒトパピローマウイルスに感染する確率を一気に高めてしまいます。

これはセックスをする相手が不特定多数の人と関係を持っている場合も同様です。ヒトパピローマウイルスに感染する恐れだけではなく、様々な性病を発症する恐れも考えられますので、複数の人と性的な関係を持つことは絶対に避けましょう。

セックスは特定の人とのみ行うこと、これが子宮頸がんを発症させる原因を作らないために必要不可欠な予防法になります。

そして特定の相手とセックスをする場合においても、重要な予防法があります。それが避妊です。特定の相手とのセックスならば安心かもしれませんが、これはヒトパピローマウイルスの感染の他、性病の発症を防ぐためにも重要なことです。

近年では、避妊をせずにセックスをする若年層が増加傾向にあります。それに伴いヒトパピローマウイルスに感染する若年層も比例して増加してきていることから、子宮頸がんを発症する危険性も高まっているのです。

様々な性病を発症する恐れも高まりますので、妊娠を望まないセックスの場合は、必ず避妊をするようにしましょう。

また、子宮頸がんの症状の一つに、セックスの際に出血が見られることがあります。セックスの度に出血がある場合は子宮頸がんを発症している恐れが考えられますし、子宮頸がん以外の病気を発症していることも考えられます。

普段のセックスに対する予防はもちろんのこと、婦人科での子宮頸がん検査も定期的に受けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする