子宮頸がんの8割を占める扁平上皮がんと発見されにくい腺がんの特徴

女性特有のがんには様々な症状がありますが、子宮体がんと並んで最も多く見られている症状に「子宮頸がん」があります。

腺がん

子宮頸がんは子宮頸部から膣にあたる子宮外口にできるがんで、主に「ヒトパピローマウイルス(HPV)」に感染することによって発症するがんと言われています。

ヒトパピローマウイルスは性交で感染することがほとんどであるため、感染予防としては性交時には必ず避妊をすること、複数人と性的関係を持たないようにすることが挙げられます。

しかし、もしヒトパピローマウイルスに感染したとしても、感染したすべての人が子宮頸がんを発症するわけではないのです。ウイルスの感染からがんの発症に至るまでには、その人の体質や遺伝などが関係しています。

状態によってはウイルスが自然消滅してしまう場合もあるため、がん化せず正常に戻るという症例も実際に見られています。

しかし、正常に戻る可能性はあると言っても、ヒトパピローマウイルスの感染を前もって予防しておくことは言うまでもありません。自分でできることから子宮頸がんを予防していくようにしましょう。

そしてこのような子宮頸がんは大きく2つのタイプに分かれています。ここからは子宮頸がんのタイプについて詳しく見ていくことにしましょう。

まず1つ目の子宮頸がんは「扁平上皮がん」と呼ばれるがんで、子宮粘膜を覆っている扁平上皮にできるがんとなっています。

そしてもう1つの子宮頸がんは、頸管粘液を分泌する腺組織にできるがんである「腺がん(円柱上皮がん)」となります。

がんができる組織によって分類されているわけですが、特に多く見られている子宮頸がんとしては扁平上皮がんが挙げられます。子宮頸がんの患者の約8割がこの扁平上皮がんを発症していると見られています。

では、腺がんはどのような特徴を持った子宮頸がんなのでしょうか。まず、腺がんは扁平上皮がんに比べて検査で発見されにくいことが特徴的となっています。

非常に発見されにくいがんなのですが、若い年代を中心にこの腺がんが増加傾向にあるとされています。日本ではもちろん、世界的にも腺がんの患者数は増加していると見られています。

しかし、腺がんは扁平上皮がんに比べて発見されにくいだけではなく、治療が難しいという特徴もあります。また、腺がんは扁平上皮がんよりも悪性度が高いこともあるため、治療後も十分な注意が必要とされています。

子宮頸がんは早期発見できれば手術によって治療することが可能ですが、症状が進行してしまうと手術による治療は受けられなくなります。

他の部位に転移してしまう恐れも考えられますので、やはり子宮頸がんは早期に発見することが重要とされています。

そこで婦人科では、子宮頸がんの検査が行われています。症状が現れてからでは既に進行していることもありますから、少なくとも1年に1回は定期的に検査を受けるようにすることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする