産瘤(さんりゅう)

産瘤

産瘤(さんりゅう)はこんな病気

生まれたときにある頭のてっぺんにあるこぶ

生まれた直後にできる頭のてっぺんのこぶのことです。こぶの中身はリンパ液などの水分です。

産瘤(さんりゅう)の原因

狭い産道を通るときの圧迫によってできます

赤ちゃんは自分の頭を使って閉じた産道を押し広げて出てくるので、頭が強く圧迫されます。頭のてっぺんから出てくるため、圧迫から解放された頭のてっぺんに体液が押し出されてこぶ状に膨らみます。このこぶを産瘤といいます。

産瘤(さんりゅう)の治療方法

自然に元に戻るので治療の必要がありません

中は水分なのでさわるとぶよぶよしています。普通分娩では産瘤は頭にできますが、骨盤位分娩等ではお尻や足にできることもあります。生まれて2~3日で自然に消えていくので治療の必要はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする