頭血腫(ずけっしゅ)

頭血腫

頭血腫(ずけっしゅ)はこんな病気

お産のときにできるたんこぶで、頭の左右にできます

赤ちゃんが生まれてくるときに頭にできるたんこぶで、産瘤と違って頭の左右、どちらかにできます。たまに、両方にできることもあります。
狭い産道通ってくる間に頭が引っ張られて血管が破れ、内出血がこぶになったものです。吸引分娩や鉗子分娩の際によく起こりますが、普通分娩でも起こる場合があります。

頭血腫(ずけっしゅ)病気の症状

一度硬くなって、自然に小さくなっていきます

ほとんどの場合、頭蓋骨と骨膜の間に出血が起こるため、出血が広がる心配はありません。生まれてすぐはブヨブヨしていますが、1~3ヶ月くらいでこぶが硬くなり、その後は徐々に小さくなっていきます。治療の必要性はありません。
暴状腱膜下出血
内出血の一種ですが、筋肉などが傷ついて大量に出血が起こるので、頭に綿帽子をかぶったように見えます。出血が多いと貧血になったり、黄疸の原因にもなり、黄疸が強くなると脳神経に障害を起こす可能性もでてきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする