胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん)

胎便吸引症候群

胎便吸引症候群はこんな病気

胎便の入った羊水を赤ちゃんが飲んでしまい、呼吸困難を起こす病気

出産時に赤ちゃんが胎便の混じった羊水を飲んでしまったために、気管や気管支が胎便で詰まってしまい呼吸困難を起こす病気です。
満期産や予定日を過ぎて出産したときに起きやすいトラブルの一つです。

胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん)の原因

酸素不足や感染症などのストレスによって起こります

羊水は通常、透明な液体ですが、胎児に酸素不足や感染症などのストレスが加わると、胎便を排出してしまいます。
そのたいべんが混じった羊水を飲んでしまうと、赤ちゃんの気管や気管支が胎便でふさがれてしまうため、呼吸がスムーズにできなくなってしまいます。

胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん)の症状

仮死状態で生まれてくることが多くなります

生まれる前からストレスにさらされていることが多いので、ほとんどの場合、仮死状態で生まれてきます。
吸い込んだ息を吐き出せない状態になっている場合は、肺に空気がたまって膨張してしまう肺気腫が起こったり、肺が破れる気胸になったりします。
また、肺まで胎便を吸い込んでいる場合は、化学性の肺炎を起こすこともあります。

胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん)の治療方法

まず便を除いて呼吸できるようにします

出産前に羊水が濁っているのがわかれば、赤ちゃんが産声を上げる前に吸引を行って胎便を取り除きます。気管や肺の中まで吸い込んでいる場合は、気管にチューブを挿入して肺の中を洗浄、胎便を吸引します。
その後は酸素吸入や人工呼吸で自力呼吸ができるまで手助けをします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする