新生児メレナ

新生児

新生児メレナはこんな病気

生まれた直後に血便が出る病気です。メレナというのは、消化管からの出血をいいます。新生児メレナは赤ちゃんが生まれた直後に、ビタミンKが不足して出血し、血便が出るものです。

新生児メレナの原因

ビタミンKが不足して起こります。

血液を凝固させる働きをするビタミンKは、赤ちゃんは自分で生成することができません。生まれてくるときに体内に蓄えられているのですが、少量なのですぐに使われてしまいます。
そのため、ミルクや母乳から吸収するのですがそれが十分でないと、すぐに不足してしまいます。ミルクにはビタミンKが補充されているため、母乳で育てられた赤ちゃんに多いようです。

新生児メレナの症状

生まれた直後に真っ赤、あるいは黒いべっとりとした便が出ます。

生まれてから数日中に真っ赤な便や、のりの佃煮のような黒い便がでます。どちらも胃や腸からの出血で血便となってでたものです。また、真っ赤な吐血や、コーヒーのような吐血も起こります。

新生児メレナの治療方法

ビタミンKシロップを飲ませます。

現在はすべての赤ちゃんに生まれて間もなくビタミンKシロップを飲ませて、出血の予防をします。ただ、まだ消化吸収の未熟な赤ちゃんは、ビタミンKが十分吸収されないことがあります。投与後も血便が続くようであれば、一度受診しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする