SIDS(乳幼児突然死症候群)

SIDS

SIDS(乳幼児突然死症候群)はこんな病気

元気だった赤ちゃんが突然亡くなる病気です。

今まで元気だった赤ちゃんが何の前触れもなく突然亡くなってしまう病気です。それまでの健康状態や既往症からは予期できす、解剖してもその死因はつかめない、乳幼児に突然の死をもたらす症候群と規定されています。

生後1~6ヶ月までの赤ちゃんに起こります。年間500人前後の症例があります。原因は解明されていませんが、呼吸機能が低下する睡眠中に起こるので、なにかがきっかけで無呼吸発作を起こしたためと考えられています。通常、呼吸が浅くなり、体内に炭酸ガスが貯まると「呼吸をしろ」という命令が脳から出され呼吸中枢を刺激して、呼吸が深くなります。しかし赤ちゃんは呼吸中枢そのものが未成熟でその命令がうまく働かないのではないかと考えられます。
うつぶせ寝が関係するのではないかと言われていますが、はっきりしたことわかっていません。未熟児で生まれた赤ちゃんや、呼吸窮迫症候群を起こした赤ちゃん、泣いて寝付きの悪い赤ちゃんはうつぶせ寝にすると、よく寝てくれる傾向にあります。しかし、成熟時の場合、うつぶせ寝にすると突然死になる頻度が高くなるという報告もあります。
日本小児科学会の予防法は以下の通りで、これらの積極的な実行することによって死亡率が減少することが明らかになっています。

  •  うつぶせ寝にさせない。
  • 乳児の近くで喫煙しない、妊娠中に喫煙しない。
  • 乳児の近くで喫煙しない、妊娠中に喫煙しない。
  • 乳児に過度に服を着せたり、暖めすぎたりしない。

しかし、これらの予防策によって確実にSIDSを予防できるというわけではなく、まだはっきりとしたことはわかっていないのが現状です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする