しっかり自覚症状を持っておく必要性、子宮頸がん再発のサインとは

子宮頸がんは女性特有のがんの中でも特に多く見られるがんの一つです。子宮頸部から膣にあたる子宮外口にできる特徴を持ったがんですが、がんができる原因には「ヒトパピローマウイルス(HPV)」と呼ばれるウイルスの感染が大きく関わっています。

子宮頸がん再発

ヒトパピローマウイルスは主にセックスが挙げられますが、特に複数の人と性的関係を持つこと、セックスの際にコンドームなどを使って避妊をしないことによってさらにウイルスの感染率が高くなるとされています。

しかし、ヒトパピローマウイルスに感染することで必ずしも子宮頸がんを発症するというわけではありません。

ヒトパピローマウイルスの感染は子宮頸がんの原因となっていますが、ウイルスに感染しても体質や遺伝などが関係してがん化しない場合もあるのです。

ヒトパピローマウイルス自体も自然消滅してしまい、正常な状態に戻ることもありますので、ウイルスに感染したからといって必ず子宮頸がんになるわけではない、ということはよく理解しておく必要があるでしょう。

また、もしヒトパピローマウイルスに感染したり子宮頸がんを発症したりした場合でも、初期段階であれば治療が可能です。

子宮頸がんの初期症状は非常にわかりにくいものですが、その少しの変化に気づくことで早期発見が可能となりますから、体調に少しでも変化が見られた場合や月経に変化が見られた場合はすぐに婦人科を受診することをおすすめします。

婦人科では子宮頸がんの検査を受けることができますので、その検査によってヒトパピローマウイルスに感染しているかどうかがわかりますし、子宮頸がんを発症しているかどうかの診断をすることもできます。

検査の結果、子宮がんの初期段階であれば手術によって治療をすることができますので、医師の指示に従って治療を受けるようにしましょう。

しかし、治療に成功してもどうしても気になるのが「再発」ですよね。子宮頸がんの手術は子宮を残す場合と残さずに全摘出してしまう場合がありますが、そのどちらの場合も再発の恐れはあると見られています。

子宮を残す手術を受けた場合は子宮頸部、子宮体部に再発する恐れがありますし、子宮を全摘出しても膣や骨盤リンパ節にがんが再発する恐れが考えられています。

また、全身にがんが再発した場合は肺や肝臓、大動脈リンパ節、骨などに転移することもあるので、再発については自分で症状を自覚しておく必要があります。

子宮頸がんが再発した際はいくつかの自覚症状が見られるもので、主に性器からの出血、おりものの異常、血尿や血便、腹部の痛みやしびれ、咳、水腎症などが挙げられます。

特に水腎症は、両方の腎臓に起こると腎不全に繋がる危険な症状となります。子宮頸がんの治療後、少しでも体調に変化が見られた場合は再発や転移している恐れも考えられますので、すぐに婦人科を受診するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする