女性更年期と男性更年期障害の違いと治療法

女性更年期の他に男更年期でも様々な障害が起きます2つの更年期障害の違いと原因症状治療法を紹介しています

更年期障害

更年期障害の望ましい克服法とは

 更年期障害は前回にあげた5つの特徴がありますので更年期障害になった人は自分だけが悪いとか怠けているとかだらしがないと自分を責めがちになります

病院で検査をしても本人の自覚症状であり病的な症状は発見されませんので周囲の人からの誤解や非難も受けやすくなります

特に周囲の同年齢の人たちが元気であったり本人が人一倍真面目な方だった場合は精神的に追い詰められやすく障害そのものからくる自律神経失調症と合わさり精神疾患に近いところまで症状を重くしまいがちです

しかし更年期障害にかかったのは加齢によるホルモンバランスの崩れからであり本人のもともとの体質や長年の仕事や家事育児の疲れストレスで重くなった生理的な現象にすぎません

つまり本人は何も悪くないのです

本人の人間性とは何の関係もないのです個人差も極めて大きいのですから自分だけがだめだとは決して思い込まないことが大切です逆に真面目な人ほどかかりやすいのだと思ってほしいくらいですね笑

焦らず無理をしないで自分の弱いところを見つめなおしきちんと対応していけば更年期障害は必ず治りますむしろ更年期障害はひたすら走ってきて疲れた自分の体と心をいたわり残された後半生をいかに充実したものにしていけばいいかを見つめなおす機会としてとらえたいものです

更年期障害の特徴を知って克服しよう

まず更年期障害の症状の特徴をよく知っておくことが障害を克服して乗り越えるために必要です

更年期障害の症状は人によってその程度も出方も大きく違っているという点 更年期症状は個人差が大きく自覚症状があまりない人もいれば死ぬほどの苦しさを訴える人もいますこれはもともとの体質やホルモンバランスによって症状も出方も程度が異なるからです生理不順や自律神経失調が長く続いていた人はその分症状は重くなりがちです

更年期障害の症状は本人の自覚症状がほとんどで検査しても肉体的な病的な症状としては現れないという点

症状は一定のものではなく日々刻々と違った不調として現れてくるという点

ホルモン分泌低下だけでなく運動不足過度のストレスや過労睡眠不足偏った栄養バランスの食事など不規則で不健康な生活習慣が症状を悪化させるという点
特に過度のストレスは自律神経を乱しホルモンバランスを崩して症状を悪化させるので要注意です

過度のストレスを受けやすい生真面目な人は更年期障害の症状をさらに重くしてしまうという点
更年期はちょうど仕事の責任が重くなり過労気味となり家庭では親の介護の問題子供の進学就職伴侶や家族の病気といった職場や家庭生活での大きな悩みが増えストレスがたまりやすい時期ともいえます生真面目で責任感の強い人ほど過度のストレスをためやすくなります

男性の更年期障害の特徴と治療法

男性の更年期障害は女性の更年期障害に比べて問題になることが少なく医者等に指摘されてその存在に初めて気づく方が多いようですねこらはなぜなのでしょうか

それは男更年期障害の原因であるテストステロンの分泌低下は女性ホルモンのエストロゲンほど急激でないので男の更年期障害の症状はハッキリ現れにくく多くの男性は加齢による心身不調と思い込んでしまいがちだからなんです
男性の更年期障害は男性ホルモンテストステロンの分泌量減少によって分泌バランスが崩れることにより引き起こされる症候群のことですがストレスや運動不足不規則な食生活も原因の1つと考えられいますその意味では現代の生活習慣病の1つという面があるといえます

まず目立つ症状としては性欲の低下勃起不全体力持続力の低下顕著な運動能力の低下仕事能力の低下食事後のうたた寝の増加冷えのぼせ頻尿などがあります
さらに精神的な症状としては抑うつ気分情緒不安定不安感やイライラt歩いう形で現れやる気が出ない怒りっぽくなったり物悲しい気分になりやすい愉しいと感じることが少なくなったと悩み苦しまれる方が多いようです

治療法としてはホルモンを補いホルモンバランスを整えるホルモン補充療法が中心で抗うつ薬精神安定剤漢方薬クエン酸シルデナフィルといった勃起不全を治すED治療薬なども必要に応じて使用されますまた症状をさらに軽減させるため生活習慣を改めて食生活と適度な運動をするよう指導が行われています

更年期障害の原因と治療法とは

女性の場合は閉経期前後の卵巣ホルモンエストロゲン分泌低下でホルモンバランスが崩れ様々な更年期障害が起きてきます男性の場合は30歳前後からのテストステロンの分泌低下が40代後半の更年期障害の原因となっています

エストロゲンやテストステロンの分泌低下からホルモンバランスが崩れますと生殖器の症状だけでなく今までホルモンが行っていた体の微調整ができなくなり以前からの体質的な弱さや未病の箇所が様々な症候群として出てくるのが更年期障害といえましょうですからもともと月経不順自律神経失調ぎみホルモンバランスの悪い人はその分だけ更年期の症状がハッキリとあらわれやすいといえます

治療法はホルモンの分泌量減少から起きる症候群ですから女性ならばエストロゲンを補いホルモンバランスを整えるホルモン療法が有効で漢方薬や精神安定剤も併用しての治療が効果的な場合もあります漢方東洋医学では更年期障害は血が滞りドロドロになった?血おけつの状態とみなしますので漢方薬の治療では駆?血剤と言われる漢方薬が使われています

また神経障害と精神的な症状が併発しやすい更年期障害は自分の体自分の生き方を見つめなおすキッカケともなる病ともいえます
単なる医学的な症状回復だけでなく自分の肉体的精神的な弱い場所をいたわり治したり今後の後半生老齢期をどのように生きていくのが一番いいのかを探る天から与えられる時期とキッカケが更年期とその障害なのではないでしょうか

更年期障害の症状は多種多様です

更年期の症状は様々な神経系統に出てくるうえに性差個人差も大きく精神的な影響と重なり合ってしまうため実に多種多様なあらわれ方をします症状の程度も大きく異なりあまり辛さを感じずに感じずに乗り切ってしまう方もいれば仕事や日常生活に支障をきたすほど苦しむ方もいます

そのため心身の不調が単なる加齢のせいと見過ごされたり逆に他のより重い病気と誤解されることも少なくありませんですから女性更年期はもとより男の更年期にはまずその症状をしっかりと理解し自分が更年期障害にあたるかどうか気づくことが大切です

閉経期に更年期障害が出る女性と違って中年男性の場合は自分が更年期障害であることに気づかず心身の不調に人知れず悩んでいることが多いのですしかも男の更年期障害は若年齢化の傾向があるといわれていますですからちょっとでも思い当たるときはすぐ専門医の診断を受けることがとても大切なのです

更年期の症状ですがまず女性の場合は生理不順男性の場合は勃起不全という生殖器の症状が現れてきますこれに自律神経失調症の様々な症状動悸息切れ血圧の不安定化脈が速くなる腹痛下痢微熱めまい耳鳴り頻尿などが加わります

さらに肉体的神経症的障害から精神的な症状が平行して現れ不安感やイライラ情緒不安定抑うつ気分などに悩まされることが多くなりますこれが老齢期に入ったという精神的なショックともあわさって心身症的な症状になることが多く更年期障害の克服を難しくする一因となっています

女性更年期と男更年期とは何か?

女性更年期の障害はあっても男には関係ないと思っていましたが中高年の男性にもあるようで最近ではテレビや雑誌などの特集を目にすることも多くなってきましたね
では今や男女を問わず中年の方を悩ませる更年期障害とはいったいどんなもので何が原因で起きるものなのでしょうか?

更年期障害とは一言で言いますと卵巣ホルモンのエストロゲン分泌量減少女性やテストステロンの分泌量減少男性によって分泌バランスが崩れることにより引き起こされる症候群のことです一般的には閉経期前後の4555歳ころの女性に起きる障害なのですが40代以降の男性にも起こる更年期障害がありこれを男性更年期障害と呼んで区別しています

更年期障害の肉体的な症状自体はエストロゲンを補いホルモン分泌のバランスを整えれば更年期障害の不快な症状もある程度は解消できます
しかし女としての男としての性的な機能が終了してしまった衰えてしまった老年期に入ってしまったというショックからくる精神的なストレスや体調不良の克服改善は大きな問題として残ります

つまり老後の入り口更年期の時期は自分が女男という枠を超えて人として生まれてきた本質的な意味これから生きていく意味と役割生きがいといったものを見つめなおす事が不可欠な時期なのです
貴重な自分の後半生をどうしたら自分に最もふさわしい充実したものにしていけるかその答えと生き方を探すことができれば精神的なダメージを克服し生きる気力を回復していけるようになるのです