頭痛、嘔吐、発熱なども、子宮頸がんのワクチンで起きる副作用の症例

子宮頸がんとは、主にヒトパピローマウイルスに感染することで発症する婦人科系のがんのことです。婦人科系のがんには様々なものがありますが、子宮頸がんは特に多く見られる女性のがんと言われています。

頭痛

ウイルスに感染する経路としてはセックスが関係しており、複数の人との性交渉があることによってヒロパピローマウイルスに感染する確率も高くなります。

ただし、ウイルスに感染したからといってすべての人が子宮頸がんを発症するわけではありません。ヒロパピローマウイスルは誰でも感染する恐れがありますが、すべての人が子宮頸がんになるとは限らないのです。

しかし、子宮頸がんを予防することはがんを発症させないためにとても重要なことです。そこで皆さんに知っておきたいものが、子宮頸がんのワクチンです。

子宮頸がんのワクチンによって子宮頸がんを予防していくことができるので、最近では多くのメディアなどでも女性の皆さんへの子宮頸がん予防ワクチンの接種を呼びかけるようになりました。

子宮頸がん予防のワクチンを接種することができれば子宮頸がんを予防できて安心だ、と誰もがそう思うところですが、実はこの子宮頸がんの予防ワクチンには重い副作用が起きる恐れも考えられています。

以前、イギリスでこのワクチンを接種した14歳の少女がワクチンを接種後に死亡したという事例がありました。

その後、少女が死亡したことについては悪性の腫瘍があったことが原因と報告され、子宮筋腫の予防ワクチンを接種したことが原因で死亡したわけではないとの報告がありました。

そして日本でも2011年に持病を持った14歳の少女が、子宮筋腫の予防ワクチンを接種後に死亡したという事例がありますが、こちらも持病が原因とされているため、死亡とワクチンの因果関係についてはないものと見られています。

ワクチンが直接関係した死亡事例は見られていませんが、子宮頸がんのワクチンを接種することによる副作用は様々な症状が見られています。

疼痛、頭痛、発疹、筋肉痛、関節痛、疲労、吐き気、嘔吐、下痢、じんましん、発熱など、ワクチンを接種後に起きた副作用にはこのような症状が見られているようです。

そして子宮頸がんに関連しているヒトパピローマウイルスには様々なタイプが存在していますが、ワクチンは16型、18型であるウイルスの予防と子宮頸がんの予防に効果があると言われています。

しかし、16型や18型であるヒトパピローマウイルスが主流であるのは欧米で、日本では52型と58型のヒトパピローマウイルスが最も危険視されています。

また、18型については自然に治癒してしまうことがほとんどとも言われているため、日本での子宮頸がんの予防のためワクチンを接種することに対して疑問点が浮かび上がっているのです。

このようなことから子宮頸がんの予防には、やはり節度を持って性交渉を行うことが一番重要なことだと考えられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする