更年期障害の診察・改善・予防する食事

更年期障害とは、一体どんなものなんでしょう。更年期障害の原因や色々な情報など。

更年期

更年期障害とは

更年期障害とは、加齢に伴い女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少により、生じるもので、ホルモンの分泌バランスが崩れることにより自律神経の乱れから様々な症状が起こります。

女性ホルモンのエストロゲンは、30代の後半から徐々に減り始めていますが、閉経前の40代半ばから急激に減少します。

更年期障害と言われる年代は45歳~55歳くらいの時期だと言われており、個人差は大きく人によってはかなり違いがみられます。

また、更年期障害の発症年齢も人によって異なり、30代後半や40代の始めに更年期障害が起こる人もいます。

今まで増えてきた女性ホルモンの分泌量が減る事が影響して心身に対して様々な症状が出てくるという事がわかっています。

更年期になると、卵巣の機能の衰えをなんとか働かそうと、卵巣をコントロールしている脳の下垂体から、性腺刺激ホルモンが大量に分泌されるようになります。
脳が興奮状態になると、自律神経をも刺激して失調をきたすのです。

そして、このような症状が普段の生活に支障をきたすほど、辛くなることを更年期障害と言います。

更年期障害の症状一覧

更年期障害の症状には、様々なものがあります。更年期障害かな?と思った時の自己チェックに!

更年期障害のほてり・のぼせ

更年期障害でほてりを訴える人は多いと聞きます。

顔の“ほてり”だけではなく、のぼせ・動悸が激しくなるのは、更年期障害の典型的な症状だと言えるでしょう。
とくに、ほてりは急に顔が熱くなる(ホットフラッシュ)のが特徴です。

更年期に起こる、ほてり・のぼせですが、なぜこのような症状が起こるのでしょう。

更年期障害は簡単に言うと、自律神経の乱れから生じるものですが自律神経の乱れから、体温調節が上手に出来なくなるためです。

更年期障害の症状のひとつに、顔は、ほてり・のぼせがあるのに、下半身は冷えているというのがあります。
冷房の効いた部屋で、顔は汗が大量に出るのに足は、冷え切っていて痛いほどという人もいるようです。
これらは、自律神経の変調による更年期障害の症状です。

生理不順・月経異常

更年期障害の症状の中で一番、顕著に現れるのが生理不順や月経異常でしょう。

更年期に突入すると、生理の周期が今までと違うようになります。

閉経は一般的には50歳くらいだと言われていますが、その閉経の前に生理不順が起こります。
大体、45歳くらいから生理不順が始まる人が多いと言われています。

更年期にさしかかると、月経周期は今までよりも長くなります。
そして月経回数が減少し最終的に閉経となります。
中には、更年期障害にはまだ早いと言われているような、30代後半や40代前半から生理不順が訪れる人もいますが、この年代はストレスも多く、仕事や家庭、人間関係のストレスが閉経を早める要因となっているとも言われています。

子供の受験や子供にある程度手がかからなくなり、働き始める人が多いからかもしれません。
更年期障害の症状とストレスの関係は深いものがあるのでしょうね。

尿漏れ・頻尿・残尿感

更年期障害の症状は人によって様々ですが、尿漏れや頻尿、そして残尿感を訴える人が少なくありません。

それは、泌尿器周辺の筋肉の衰えからきていると考えられます。

くしゃみや咳をした時に尿がもれたりする事はありませんか?
最近では、こういったことに対応した失禁用の下着も販売されているようです。

この症状は出産した直後も起こる人が多いようですね。

更年期の人の尿漏れや頻尿、残尿感は、泌尿器周辺の粘膜が更年期に差しかかると女性ホルモンの一つのエストロゲンの減少するのでその事により、異常が起こると考えられています。

また、更年期障害の症状を訴える人の中には、下腹部のかゆみや性交時の痛みを覚える人もいます。

更年期障害の診察・検査一覧

更年期障害を疑った時は、婦人科で受診しましょう。更年期障害の問診や検査など、婦人科での診察についてです。

更年期障害:内診

更年期障害で婦人科に受診し、問診し、内診を行います。

内診は、更年期の女性に発生しやすい婦人科の病気を調べる為にも、大切な検査です。
内診で状態をチェックする事で、更年期かどうかも判断できるので、恥かしがらずに受けましょう。
緊張する人もいるかもしれませんが、気を楽にして内診を受けましょう。

また、子宮がんの検査をする事もあります。
子宮がんの検査は、細胞診や超音波の検査を行う事もあります。

更年期障害:婦人科の問診

更年期障害の症状が辛い時は、“更年期だから仕方ない”などと、ひたすら我慢せずに、医師に相談するのがよいでしょう。
更年期障害を疑う時は、婦人科に受診します。

婦人科に訪れると、まず最初に問診があります。

問診の内容は、病院によりますが、チェック表にて症状や精神状態、毎日の食生活や運動量などを書き込み、それを参考に問診が行われます。

婦人科に行く前に、自分の症状や精神状態などを整理しておくとスムーズに受診が進みます。

・いつから更年期障害と思われる症状が現れたのか
・その症状の頻度は?
・症状は、どんな時に起こるのか
・症状の現れ方は生理の周期や期間と関係があるのか?
・妊娠・出産や流産(中絶)の有無
・既往症・服用中の薬の有無
・生理の周期や量、生理痛の痛み、不正出血など

初めてや、久しぶりに婦人科に受診する人にとってはとても抵抗があるかもしれませんが、正しい診断や診察の方向の為に正直に話しましょう。

更年期障害の治療法

更年期障害の治療法についてです。更年期障害の治療は医師と相談の上で行うのが一番です。

更年期障害:漢方薬

更年期障害の症状を軽減させる為に、漢方薬の服用もあります。
漢方薬は副作用も少なく、体質改善の効能があります。

漢方薬には、それぞれの症状に合った様々な種類があります。

肩こり・頭痛・腹痛・倦怠感・めまい・おりもの・・・・

更年期障害の症状が色々あるように、漢方薬にも様々な種類があります。

自分の更年期障害の症状に合った漢方薬を服用する事が大切で、
即効性は望めませんが、自分に合った漢方薬を気長に見つけて
更年期障害の緩和、軽減と体質改善に向けて、服用するのが良さそうです。

ホルモン補充療法

更年期障害の治療法の1つにホルモン補充療法というのがあります。
ホルモン補充療法とは、更年期になると減少する卵巣ホルモンを、注射、服用、貼り薬などによって補う治療法です。

更年期障害の症状を軽減を軽くする、ホルモン補充療法ですが、一時は子宮体がんを誘発すると言われていましたが、その後の改良で子宮体がんの発生率を低下させる処方となり、現在では再び、この治療法は評価されています。

ホルモン補充療法の効果や、どの更年期障害の症状によく効くのか、副作用など、医師と十分に相談し治療を受けるのが良いでしょう。

更年期障害の改善法

更年期障害の改善法についてです。更年期障害を改善して、明るい更年期世代を送りたいものですね。

更年期を認めてみよう

更年期障害の症状の中に、精神的な症状が出る場合があります。

以前にも増して、涙もろくなったり、急にイライラしだしたり、不安になったり焦ったり・・・

頑張りやさんに多いと言われていますが、今まで家族の為に頑張ってきた人だからこそ、体調面でも調子が悪くなると、以前ならこんな事はなかったのに。

なんて、焦ったりする事もあるでしょう。

でも、私は更年期だからって、周りに宣言するのも一つの手ですよ。

更年期障害というのは、周囲の認知度はあるようでないもの。

まずは自分自身で認める事、そして周りの人にも話すことによって、少しは理解が得られるかもしれません。
家事など、上手に手抜きをして気楽に、更年期と付き合いましょう。

更年期障害と向き合う

女性は更年期に入ると、女性ホルモンの一つエストロゲンが減少し、更年期障害の症状が多かれ少なかれ現れます。

卵巣の老化によるものなのですが、そのしくみは少し複雑。

45歳~卵巣の老化は進み、閉経は50歳~55歳と言われていますが、人によっては更年期に入っても、更年期障害がとても軽く済む人もいます。

加齢による身体能力の衰えと、加えて精神的ストレスや疲労や心労などが加わり、更年期障害の症状と言われるものになるようです。

精神的症状の落ち込み、不安、憂うつ、イライラなどと言った症状も、更年期に入って現れると言われている症状ですが、このような症状は、特に几帳面でまじめで完ぺき主義な人に多く現れるといわれています。

更年期と向き合うという事は、更年期とどのように付き合うか、更年期障害にどのような態度で臨むかで変わってくると思います。

頑張り屋さんに多い、この症状。
我慢ばかりせずに、家族や周囲の人に上手に助けを求めたり、辛い時は手抜き宣言などをしてみてはいかがでしょう。
完璧主義も素敵だけれど、イライラしたり落ち込んでいるよりかは、ずっと楽になれますよ。

更年期障害を予防する食事

更年期障害を予防する食事ついてです。食生活を改善して更年期障害を軽くしたいものですね。

新陳代謝や美肌、美容効果にビタミンB

更年期に入ると、肌の衰えが目立ってきます。
また更年期世代は、新陳代謝も衰え、ダイエットしてもなかなか痩せにくくなる人も多いようです。
減食によるダイエットは、栄養素が不足してますます新陳代謝も衰えるし、肌の老化も著しくなるので、更年期世代のダイエットは難しいと感じます

更年期世代のダイエットこそ、身体に必要な栄養素をしっかり摂り身体を動かしてダイエットする事が最も美容に良いようにおもいます。

ビタミンB群は不足すると新陳代謝がスムーズにいかなくなります。
ビタミンB1が不足すると、イライラや疲れやすくなります。
ビタミンB2は、肌や髪の健康を保つ作用があり、ビタミンB6は月経前症候群や不定愁訴を改善するという作用があります。

不定愁訴とは、頭が重い、イライラする、疲れがとれない、不眠気味という何となく体調が優れないという自覚症状はあるが、検査をしても病気の原因が見つからない事を言います。
ビタミンB1が多く含まれている食品

・うなぎの蒲焼

・豚肉(ヒレ・モモ)

・大豆
ビタミンB2が多く含まれている食品

・レバー(豚・牛)

・納豆

・さんま
ビタミンB6が多く含まれている食品

・鮭

・かつお

・鶏レバー

・バナナ

これらの栄養素をまんべんなく、毎日の食事に取り入れて更年期障害の症状を軽くしたいものですね。

年期に積極的に摂りたいビタミン

更年期障害の症状がきついと感じる人に、食事改善法も良いようです。

更年期の時期には、カルシウムの摂取も大事ですが、カルシウムと一緒に摂るとより効果的です。

ビタミンDはカルシウムの代謝を促すのに欠かせない栄養素なので、カルシウムとビタミンDとの相性は、特に更年期障害で悩む人には効果的な栄養素の組み合わせの一つです

血管、肌の老化防止に一役かってくれる抗酸化ビタミン。
活性酸素が増えると、がんの原因になると言われていますが、また肌の老化もしかり。

このような活性化酸素を除去する役割を持っているのが、ビタミンAのβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンEです。
この3つを同時に摂るのが最も効果的だと言われています。

ビタミンDが多く含まれている食品

・うなぎのかば焼き

・さんま

・鮭
ビタミンAが多く含まれている食品

・モロヘイヤ

・ほうれん草

・あしたば

・にんじん

・かぼちゃ
ビタミンCが多く含まれている食品

・ブロッコリー

・いちご

・キウイフルーツ
ビタミンEが多く含まれている食品

・はまち

・アーモンド

・アボカド

・落花生

・ツナの缶詰

更年期に積極的に摂りたいカルシウム

更年期に積極的に摂りたい食事の中で、カルシウムがあげられます。
カルシウムは、骨の主成分になる事で知られている栄養素ですが、神経の伝達や筋肉の収縮をよくする働きも持っています。

更年期障害の症状のひとつで、イライラしたりするという症状があります。
よく、いつもカリカリ怒っている人に、「カルシウムが足りないんじゃない?」と言いますが、それはカルシウム不足になると神経の興奮が収まりにくく手足がしびれたりという症状が起こりやすくなるので、それが原因でしょう。

更年期障害のサプリメントなどもありますが、過度の摂りすぎは体内のミネラルバランスがくずれるし、腎結石などの過剰症の恐れや、抗カルシウム血症を招くので、できれば食事でしっかり摂り、サプリメントはあくまでも補足という形で摂るのが良さそうです。
カルシウムが多く含まれている食品

・牛乳
以前、あるある大辞典でやってましたが、太陽の光をあびながら飲むとカルシウムをよりたくさん体内 に吸収されるそうですよ!

・干しエビ

・ひじき

・煮干

・プロセスチーズ