花粉症の原因・予防対策と食事

毎年、毎年、花粉症でお悩みの方は多いと思います。
現代病とも言われ、スギ花粉症を筆頭に、 今では多くの花粉症の種類があります。
花粉症の症状は、人それぞれ違いますが、多くの方が、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・または咳が出るという方もいます。
そんな辛い花粉症を、薬だけでなく自分でできる対策をいくつか紹介していきます。また、そもそも花粉症とはどうやってなるのかなど、花粉症についての知識を高め、花粉症を予防できたらなと考えています。

花粉症

花粉症の原因と症状

花粉症の原因となる植物は、現在のところ、日本国内では、約50種類以上、さらに80種類以上という説もあります。

花粉症の原因となる植物は、大きく分けると「樹木」と「草花」に分けられます。日本人の花粉症患者のほとんどの人は、樹木によるアレルギーであり、「スギ」「ヒノキ」「ヨモギ」「シラカバ」などの種類があります。

花粉症患者の約80%は、スギ花粉が原因だといわれています。

樹木も草花も、風によって花粉が運ばれるという点では同じではありますが、地域によって花粉の飛散量には大きな差があります。

一般的には沖縄や北海道は花粉飛散量が少ないのが特徴です。日本列島は縦に細長いので、このように差がうまれるようですね。

花粉に接触したすべての人が花粉症を発症するわけではなく、花粉に対するIgE抗体量の多さによる体質的な原因が大きいといわれています。

しかし、ほかにも遺伝的、また環境的な要因も関与しているともいわれていますが、はっきりとは解明されていません。

アレルゲンを特定するためには、病院で血液検査をしなければならないため、億劫がって、自分で勝手にスギ花粉が原因だと思い込んでいる人も多いようです。

植物によって花粉が飛散する時期は異なりますので、アレルゲンによって花粉症の症状がでる時期にも多少の差があります。

日本人はスギ花粉がアレルゲンである場合が最も多いので、2~4月に発症する人が多いようです。

しかし、花粉の種類によっては、夏や秋に飛散するものもありますし、アレルゲンが1種類とは限りませんので、2月に発症した人が夏にも発症し、さらに秋にも発症することも少なくありません。

このような場合には、1年中なんらかの症状が見られることになりますので、かなり辛いですね。

だいたい2~4月はスギ花粉、初夏はイネ科の花粉、秋にはブタクサなどの花粉が多く飛散するといわれています。

ですから、自分のアレルゲンとなる花粉が何なのかを血液検査によって明らかにしておくことで、予防や対策ができるということですよ。

花粉症対策と食事

花粉症患者が増えた原因としては、日本人の食生活が欧米化したことがあげられます。

戦後の日本はめざましい復興とともに、あらゆる点で欧米の真似をしてきました。

食生活でも、高たんぱく、高カロリーな欧米の食品が輸入されるようになり、これらが、日本人のアレルギー体質を招いた要因の1つだと考えられています。

ですから、花粉症対策には、食生活の見直しも非常に重要だといわれています。

花粉症によくない食べ物

たとえば、花粉症によくない食べ物としては、トマトやナス、ほうれん草などのヒスタミンを多く含む野菜がよく知られています。

また、コショウや唐辛子などの香辛料、アルコールも刺激となりますのであまりおすすめできません。

また、食品添加物を多く含むインスタント食品や、加工品も花粉症には大敵です。

天ぷらやカレー、イタリアンなどの油っこい食事も花粉症を助長することになりますので、花粉症の症状が出ているときには、避けたほうが無難でしょう。

花粉症によい食べ物

反対に花粉症によい食べ物としては、わかりやすくいうと、子供があまり好まない食事だといえるでしょう。

つまり野菜と魚が中心の食事のことです。

炭水化物は、甘いパンではなく、白いご飯にして、肉料理ではなく魚料理、そして旬の野菜をたっぷりと摂ることが望ましいですね。

これだけだと質素な食事をイメージするかもしれませんが、メニューを工夫することで、十分美味しい食事を楽しむことができますよ。

ヨーグルトでカラダの中から花粉症対策

また、最近花粉症対策として注目されているのが、「ヨーグルト」です。ヨーグルトには、腸内細菌のバランスを整えてくれる善玉菌が多く含まれていますので、腸の粘膜を強くしてくれる働きがあるということです。

これが、花粉症の症状を軽減してくれるそうですよ。

また、ヨーグルトにはアレルギー抑制作用がある「物質メチル化カテキン」が含まれており、これはお茶に含まれる「カテキン」よりもはるかにアレルギー抑制効果が高いものだということがわかっています。

花粉症対策としと食べるのなら、1日に200gは食べる必要があるということです。

食生活を改善することは、カラダの中からできる花粉症対策として、非常に有効だといわてれいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする